冬に強い多肉植物も冬支度ー屋外編ー

前回の多肉植物とサボテンの室内での冬越しについてに続き、今回は多肉植物とサボテンの屋外での冬越しについて。

東京の片隅の市街地という土地柄、極寒にはならず雪もほとんど降らないこの地域。ポイントを押さえれば、屋外でも冬を乗り切れると信じ、一部の多肉植物とサボテンは屋外で冬越ししてみることを決断。

屋外で冬越しするためのポイント

屋外のままで冬越しすることになった多肉植物とサボテンたちは

  • 冬に強いといわれている多肉植物
  • 冬に弱くないといわれている多肉植物
  • 冬に弱いけど私が気づいてない多肉植物
  • フェンスにかけてあるので室内への移動が難しい多肉植物
  • 師匠たちに"コレは寒さに強いよー"と教えてもらったサボテン

屋外で冬を越すにあたり、最低限どのようなことに気をつければよいのか、ポイントを二つに絞ってみました。

霜にあてない

霜が降りるのは気温が氷点下のときだと思っていましたが、違いました。前回、最低気温が5度以下になると霜が降りる可能性があると書いたのですが、理由は以下のとおりです。

気温がおよそ5℃以下まで下がった朝、地面付近の温度は気温よりも数℃低い0℃以下となり、霜が降りることがある

出典元:引用 – Wikipedia

また、霜が”降りる”というように、空気中の水蒸気が降り、霜になるようなので、軒下は霜が降りにくいようです。

霜

多肉植物を凍らせない

多肉植物が一度凍った後、解凍がうまくいかないと葉がデロンデロンになってしまうこともあるそう。食品でもそのようなことがあるのでなんとなく想像がつきます。そうならないよう、最低気温が氷点下になり多肉植物が凍る可能性があるときには、冷気から葉や茎を守る必要があります。

霜と凍結の回避

東京の片隅の市街地といっても、真冬の日没から明け方には、かなり冷え込むときもあります。その他あたたかい地域でも、急な冷え込みに備えて、霜と凍結の回避用の冬支度はしておいたほうが安心です。

回避のタイミング

最低気温が5度以下のとき

  • 軒下以外の直植えの多肉植物とサボテン
  • 軒下以外の直置きの鉢の多肉植物とサボテン

最低気温が氷点下のとき

  • 屋外にでているほぼ全ての多肉植物とサボテン

回避の方法

鉢の数が少ない場合

  • 室内の暖房の効いていない場所(玄関、廊下、あまり使用していない部屋など)に、鉢を置くスペースを確保
  • 日没後、確保しておいたスペースに移動
  • 朝、屋外か室内で日と外気に当てる

鉢の数が多い場合

  • ビニールハウスや発泡スチロールの保冷ケースなどを準備
  • 日没後、ビニールハウスや保冷ケースを閉じる
  • 朝、忘れずにビニールハウスや保冷ケースを開けて日と外気に当てる

ビニールハウスや保冷ケースを使用する場合、日中は必ず外気に当てないと、通気性が悪くなり、中が蒸され、根腐れが心配です。ばーば師匠のアドバイスでは何段もあるビニールハウスは、風での転倒やハウス内の温度差に注意が必要です。

自宅には、室内のスペースもビニールハウスも無いので、あまりお金をかけずに、100均アイテムで冬支度してみることにしました。そのお話しはまた、次回じっくりと。

冬の水やり頻度

多くの多肉植物は冬は休眠中なので、冬の間の水やりは1ヶ月に一度くらいが目安。多肉植物の葉がカラカラに乾いている様子でも、雨が降りそうなときは焦って水やりをしないように注意が必要。

水やりをする際は

  • 天気予報をチェックし比較的暖かい晴れの日が2、3日続く1日目の午前中
  • 底穴から水が出てくる程、たっぷり水やり

葉がカラカラに乾いていても、雨が降りそうなときは、焦って水やりをせず、しっかりと晴れの日を待つように。

水やりのときは、鉢の底穴から水がでるまでたっぷり水やりをしてあげると、土の中の小さな虫やゴミ、雑菌も洗い流してくれるようです。

 

※あくまですべて私の個人的見解です