多肉植物のビフォーアフターアフター

たくさんいただいた多肉植物の中で、セダムとカランコエがいっぱい成長してくれたので、憧れの多肉植物ビフォーアフターを開催します。どんなペースで育つのか参考に。時期は夏の終わりから秋にかけて。地域は東京の片隅です。

セダムのビフォーアフターアフター

小さいながらもオシャレな色で目立っていたセダム。日当たりの悪い自宅では、日の当たる場所が限られていて、その場所自体も一日の中で移動していくため、一箇所に置いておくだけでは長時間の日照は得ることが出来ません。

この成長したセダムを植えた鉢は、小さくて背が低く安定感があったので、日の当たる場所の移動に合わせて、花台・塀の上・ポストの上など、日の当たるあらゆる場所を移動させてみました。

8月25日の様子

じーじ宅から家にやってきたばかりで、じーじ宅にいたときと同じように、元気いっぱいです。

セダム

9月2日の様子

土選びの失敗後、植え直ししたときの様子です。度重なる植え替えに疲れたのか、いただいてきた時より、かなりしょんぼりしてしまいました。

セダム2

9月30日の様子

なんとか太陽に向かってピンと立ち上がり、自宅でも元気いっぱいに成長してくれました!!

セダム3

種類・名前

  • スモーキーグリーンのセダム→セダム属”ミルクゥージ”
  • 濃いグリーンのプクプクしたセダム→セダム属”コーラルカーペット”

カランコエのビフォーアフターアフター

葉にベビーが付いたり面白い見た目のカランコエ3種。ばーば師匠が、”この多肉は恐ろしいほど増えるよ~笑”と言っていたので、どんなことになってしまうのかとドキドキしていましたが、自宅ではまだ全然恐ろしいほど増えていません。成長は順調にしてくれてる様子です。

9月2日の様子

カランコエ

10月2日の様子

カランコエ2

11月22日の様子

カランコエ3

種類と名前

  • 濃いグリーンのカランコエ→錦蝶(きんちょう)
  • 明るいグリーンのカランコエ→ラウヒー
  • ピンクのカランコエ→不死鳥錦

明るいグリーンのカランコエ、ラウヒーが、植え替えの際、何枚か葉が落ちてしまったのですが、落ちた葉を自宅フェンスの根元の土のところに放置していたところ、あっという間にラウヒーキッズが育っていました。先日そのラウヒーキッズが何かにぶつかったのかクニャっと潰れてしまっていたのですが、数日後にはすっかり元気なラウヒーキッズに戻っていました。

濃いグリーンのカランコエ、錦蝶は葉に付いているカランコエベビーがポロリと落ち、ゆっくりではありますが錦蝶ママの下で錦蝶キッズになりつつあります。