多肉植物はじめましたー初めての寄せ植えー

いただいた多肉植物とサボテンをトレイの上にのせたまま数日が経過。多肉ベビーとサボテンベビー、お待たせいたしました。そろそろ土と水と日に飢えてしまっているのではと焦り、まだ多肉植物とサボテンの右も左もわからない状態ではありますが、見よう見まねで寄せ植えしてみることに。

鉢の確保

まずは鉢の確保。ひとまず自宅や実家にあった使い古しの鉢を集めてみました。サイズは大小様々で、素材は素焼きと陶器のものばかり。

以前多肉植物を根腐れさせてしまったとこがあったので、水がよくはけるよう、水はけ用の底穴が空いている鉢を選びました。初寄せ植えの鉢はあったもので済ませましたが、多肉植物とサボテンに不向きな鉢というのもありそうなので、追って調べていきたいです。

土の準備

園芸店へ行き、店員さんに多肉植物の土の相談をと思っていたのですが、園芸店まで行く時間が無かったので、近所で確実に土が売っているお店、ダイソーへ行ってみました。

園芸コーナーで、どんな土にしたら良いか悩みました。"園芸用の土だけだと水はけが悪くて根腐れしちゃうよ"というじーじの教えを思い出し、ザ・土という感じの園芸用の土を2袋、水はけの良さそうな観葉植物用の土を2袋、と2種類の土を購入。

土売り場の横にあった鉢グッズのコーナーで、鉢の底で使用する鉢底ネットと鉢の深さによって必要となる鉢底石も一緒に購入しておきました。

寄せ植えの組み合わせ選考

どのような組み合わせで寄せ植えしようか悩みましたが、ひとまず見た目で緑系・赤系・背の高い系・サボテンとグループ分け。準備しておいた鉢にグループごとに配置。鉢のサイズに合わせて各グループを微調整。

初寄せ植え

いよいよ初寄せ植え!!

  1. 購入してきた土を大きなビニールに全て開け、ざっくりブレンド
  2. 鉢の底穴部分に、ダイソーで購入した鉢底ネットをカットして置く
  3. その上にダイソーで購入した軽石のような鉢底石を鉢の1/3程度まで投入
  4. 園芸用の土観葉植物用の土を同量で 混ぜた土を鉢の半分程度まで投入
  5. 多肉植物・サボテンを配置
  6. 隙間が埋まるように仕上げの土をかぶせる
  7. 最後にたっぷりと水やりをして、初めての寄せ植え完了!!

初めての寄せ植え

初めての寄せ植え2

水やり後、しばらく見守っていましたが、当たり前ですがまだ何の変化もなし。ただひとつだけ気になることが。今回使用した土が、黒々としていて湿っぽく、目指していた水はけの良い土という感じがしないのです。よくお店や写真などで見かける多肉植物に使用されている土は、粒が大きめで色はやさしい茶色でおしゃれな感じだったような、、、調べてみます。