多肉植物をたくさんいただきました

茨城にあるじーじ宅は、元気いっぱいの多肉植物とサボテンの楽園。元々サボテンマスターだったじーじが多肉植物を始めてみたところ、手に入りやすく成長の早い多肉植物はどんどんと増え、楽園に加わっていったとのこと。

多肉植物とサボテンの楽園

じーじ宅の環境は日当たり・風通し共に最高という超好条件。庭の花壇には大きく育ったサボテンと動物のフィギュアが置いてあり、その配置は無造作ながら、計算されつくしているような絶妙なバランス。倒れている鉢や動物すら、そのように見え、すっかり見とれてしまいました。

多肉植物とサボテンの楽園

庭には木材とトタンで造られているじーじお手製のサボテンハウスも。中にはサボテンキッズやサボテンベビーが居心地よさそうに元気に並んでいました。

お手製サボテンハウス

サボテンベビーの整列にも感動。キレイに並べられたこちらのトレイは"すき○の牛丼♪"でした。

お手製サボテンハウス2

家の周りのフェンスにも、色とりどりでプリプリの多肉植物が、ギュウギュウに詰まっていました。

フェンスの多肉植物

フェンスの下の塀と駐車場のコンクリートの少しの隙間からもちっちゃな多肉植物があふれていてびっくり。"雑草が凄いから多肉植物をパラパラまいてみたら、多肉植物が育って雑草が生えなくなったよ"とのこと。私の自宅の少しの隙間からしぶとく生えてくる雑草のトコロも、ぜひかわいい多肉植物で埋めてみたいーとときめきました。

多肉ベビーとサボテンベビー

じーじと多肉トークに花が咲き、多肉植物のあふれる生命力・個性の強さ・成長の早さに、すっかり魅了された私。お土産にとじーじは多肉ベビーとサボテンベビーをたくさん持たせてくれました。

何時間か電車に揺られ、はるばる東京の我が家までやってきた多肉ベビーたち。じーじ宅で元気だった余力か、移動の疲れも見せずに元気にコロンとしています。多肉ベビーたちはトレイにの上に広げただけでもアート作品のようで見入ってしまいます。

多肉ベビー

サボテンベビーたちも小さいながらもトゲがピンピンしチクチクていて超元気。トゲのチクリすら愛おしいです。私はすっかり多肉植物とサボテンの虜になってしまいました。

サボテンベビー

過去に何度か園芸店で多肉植物・サボテン・観葉植物・ハーブなどを衝動買い。残念ながらいずれも水不足・根腐れなどで、失敗。日当たりの悪い自宅というハンデを背負ってるうえ、面倒くさがりで雑・せっかちで熱しやすく冷めやすいという残念な私。不安要素が山ほどあり、ドキドキですが、今度こそいただいた多肉植物とサボテンを元気いっぱいに育てるぞー!!おー!!