小さい鉢用のカゴの作りかた

なかなか変化が見られない小さいハオルチア。鉢のサイズと土の量が合っていないのか。適正サイズの鉢にするため、小さい鉢に植え替えることに。小さい鉢は安定感がないため、鉢が倒れにくいよう、また倒れてしまっても多肉植物が散らばらないよう、鉢を入れる入れ物が必要になりました。

小さい鉢に使用する入れ物の条件は

  • 水はけが良い
  • 風通しが良い
  • 貴重な太陽の光をさえぎらない
  • 見た目

園芸の聖地!オザキフラワーパークやホームセンター、100円均一のセリア・ダイソー・キャンドゥなどで探してみました。しかし小さい鉢に使用するには高さがありすぎたり、底穴をふさいでしまいそうだったりでこれ!というものが見つからず。

いろいろ調べていると、理想に近いDIYアイデアを発見。セリアのインテリアワイヤーメッシュラティスとカッティングボードを使った岡持ちのようなものでした。

しかし、岡持ちのサイド部分になっていたカッティングボードが、私の自宅では貴重な日照をさえぎってしまいそうだったので、そちらのアイデアを元に、小さい鉢に使用する入れ物の条件に合うようアレンジして簡単DIY。

材料

  • インテリアワイヤーメッシュラティス
  • 木材
  • 針金
  • 水性ニス

作り方

  1. セリアでインテリアワイヤーメッシュラティスと木材を購入
  2. 家にあった針金と水性ニスを準備
  3. インテリアワイヤーメッシュラティスの両側をテーブルの角を使い90度に折り曲げ
  4. 木材を底の長さに合わせてミニのこぎりでカット×2
  5. 木材に水性ニスを古布で塗装(すぐに乾いたようになる)
  6. 木材の端にドリルで穴あけ×8
  7. 針金でインテリアワイヤーメッシュラティスと木材を合体して完成!!

カゴ

画像左のカゴですが、サイズが大きすぎて、結局転倒防止にはならず。作り直したり作り足したりするのは面倒だったので、無念でしたがこのまま使用することに。

ところが数日後、じーじサンタの来訪によりハオルチアが増えたため、大きすぎたカゴがジャストサイズに。鉢も倒れにくくなりました。

小さい鉢はセリアの"そのままポット"を使用していたのですが、紙製のため、水やり後に溶けてしまいそうだったので変更。楽天でみつけた"スリット鉢の2号、直径6センチ"を使用してみました。

スリット鉢とはタニラーさんに人気の鉢で、鉢の側面に入っているスリットにより、水はけがよくなっているうえ、スリットから入る光により、根が迷子になり詰まってしまうサークリング現象を防いでくれるという優れものの鉢です。ハオルチアたちがすくすく元気に育ってくれますように。

カゴ2