100均アイテムで簡単冬支度

前回触れた、100均アイテムで簡単に出来る冬支度について。

そもそも冬支度が必要になるのは

  • 霜にあたりそうなとき
  • 多肉植物が凍りそうなとき

というのが前回のお話し。鉢を置いている場所により、冬支度のタイミングが異なるということがわかりました。

自宅の鉢植えは"軒下で高さのある花台"に置いています。軒下といってもほんのわずかな軒ですが、一応"軒下""高い花台"という条件上、最低気温が0度以下になりそうなときには、冬支度を済ませておいたほうがよいというのが前回からの見解。

自宅には室内のスペースもビニールハウスも無いので、100均アイテムで冷気から鉢を守ってくれる装備を考えてみることに。

冷気から鉢を守るのには発泡スチロールがよいという情報があったのですが、密閉してしまうと多肉植物が呼吸出来なくなってしまうとのこと。

  • 発泡スチロール製の保冷ボックスで冷気を遮断
  • ふたの代わりに不織布をかぶせ、密閉せずに冷気を緩和

という作戦を立て、100均の王様、ダイソーへ。

発泡スチロール製の保冷ボックスを探してみたところ、ちょっとしたピクニックで使用するような、350ミリ缶6本分という小さな保冷ボックスが200円。サイズ的に大きい鉢は入らないし、小さい鉢もいくつもは入らなさそう。小さい保冷ボックスが何個も必要となると、それを置くスペースも必要なうえ、割高。

ウッドデッキなど、地面から高さがあるところに広ーいスペースがあるのなら、発泡スチロール製の保冷ボックスをたくさん並べてもよいかもですが、自宅にはそんなオシャレなウッドデッキはないので断念。

お魚屋さんに余っている発泡スチロール製の保冷ボックスをいただきに行こう、とも考えましたが、多肉植物から鮮魚のにおいがすることを想像してこれも断念。

どうしようか悩んでいたところ、”家にある板とかダンボールで箱を作って、板状の発泡スチロールスを何枚か重ねて敷いたらどお?”というとーちゃんの案をいただき、早速ダイソーで

  • 板状の発泡スチロール(発泡スチロールコーナー)
  • 不織布(園芸コーナー)

を多めに購入。発泡スチロール製の保冷ボックスを何個も購入するより割安だと思います。

100均アイテム

  • 板状の発泡スチロールを何枚か重ねて敷いた箱を花台に置く
  • 不織布をふんわりかぶせる

今年の冬支度はこれに決定!!吉とでるか凶とでるか。

寒い地域や雪が降り積もる地域では、もう少し手厚い冬支度が必要そうです。