【レジャーシート】オールウェザーブランケットのレビュー!エマージェンシーシートにも

いつでもどこでもどんなときも頼れる レジャーシート

キャンプや公園、山や海や川で使用するレジャーシート。

おすすめは、Grabber(グラバー)のオールウェザーブランケット。

オールウェザーブランケットは、アウトドアシーンではもちろん、いざというときはエマージェンシーシートとしても使える。

我が家では、オールシーズン、車に常備!!

スポンサーリンク

オールウェザーブランケットの仕様

特徴

このシートの特徴は、

NASAが開発した多目的シート

軽量・コンパクト、防水・防風、保温性に大変すぐれ、身体を包み込むと体内から放射される体温の80%をブランケット内へ反射・保持します。
医療機器としてFDAに正式登録されているほか、アメリカの軍隊やボーイスカウトでも使用されています。

引用:株式会社ハイマウント

となっている。

NASAが開発した多目的シート!!

NASAが開発したなら間違いない、という単純な理由で即購入決定。

サイズ

約152×213cm

ダブルベッドくらいのサイズ。

重量

約325g

超軽量ではないが、登山で持って行ったりしても、重さはそんなに気にならない。

材質

プラスティックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・プラスティックフィルムの4構造

4層構造でも厚すぎず、もちろん薄すぎず。

カラー

オリーブ、オレンジ、レッド、ブルーの4色。

以前購入できたブルーも含め、全色そろっている我が家。

  • オリーブは、濃いカーキという感じで、渋く大人っぽい
  • オレンジは、鮮やかな色合いで、芝生によく映える
  • レッドは、比較的落ち着いた色合い
  • ブルーは、ブルーシートより濃いブルーだが、若干のブルーシート感は否めない

ホール

四つ角に各ひとつ、ホールあり。

ホール自体はそんなに大きくないので、ペグダウンしたい場合は、アウトドアコードなどを輪にして付けておくとよい。

スポンサーリンク

オールウェザーブランケットの様々な用途

レジャーシート

この用途で使用することが一番多い。

パリッとしっかりしているので、敷きやすくたたみやすい

防水使用のため、湿った芝生に敷いても、水が染みてこない

テント内インナーマット

春や秋に朝晩が冷え込みだしたら、インナーマットとして、ウレタンマットの下に敷き、底冷えの緩和に使用。

テント下グランドシート

テントとのサイズが合えば、グランドシートとしても役立ちそう。

簡易タープ

灼熱の太陽の下の砂浜で、タープを忘れたときに、ミニタープとして使用。

砂浜でタープにしたときは、

  • 片側はロープを通し大きな石にくくる
  • 逆側はトレッキングポールで立てる(トレッキングポールが砂浜に沈まないよう、大きな石を土台に)

という緊急仕様。

車にトレッキングポールを常備しておいてよかった。

砂浜でなければ、もっと簡単に立てられるが、サイズはミニ

ブランケット

突然冷え込んだキャンプの夜に、ブランケットとしてくるまって使用。

ペラペラのブランケットとは違い、しっかりしていて安心感があり、防風効果も感じられた

焚き火の火の粉で穴を空けてしまったが、これがあって助かった。

エマージェンシーシート

いざというときには災害時のエマージェンシーシートとして使用予定。

ちなみに、このような銀シートを使用するときは、銀色に反射の効果があるので、

  • 寒いときは銀色を内側にして、体温を反射させて暖かく
  • 暑いときは銀色を外側にして、外気を反射させて涼しく

使用するのがよい。

 

約10年前に購入して以来、毎週のように使用していたところ、多少の劣はあり。

劣化といっても、こすれた部分が若干薄くなったり、焚き火の火の粉で穴が空いた程度。

いまだに、破れ・剥がれ・ほつれがないのは、やはりすごい耐久性。

まだまだ使えるが、子供の運動会で使うときに劣化が目立つと恥ずかしいのと、販売終了などで買えなくなったら困るので、追加購入し全部で4枚に。

家族人数分そろったので、エマージェンシーシートとしても、備えよし。

スポンサーリンク

オールウェザーブランケットの使用後の手入れ

面倒くさがりの我が家では、使用後も乾いていれば、バサバサするだけ

ちょっと汚れた程度なら、ウエットティッシュで拭き取るか、サッと水で流せばよい。

ひどい汚れの場合は、水で流しながら、スポンジで軽くなでればオッケー。

スポンサーリンク

ウールブランケット

冷え込む時期はオールウェザーブランケットと、軍のウールブランケットをあわせて使用

軍のウールブランケットは、比較的重くかさばるが、しっかりと目が詰まっていて、丈夫であたたかい

また、各国の軍によりデザインが違っておしゃれ。

ウール素材は燃えにくいので、焚き火まわりでオールウェザーブランケットを使用するときも、ウールブランケットと重ねて使用すれば、火の粉からも守れる。

もちろん、ウールブランケットのみで使用するもよし。

スポンサーリンク

まとめ

どんなときも使えるオールウェザーブランケットは、オールシーズン大活躍。

我が家は、ウールブランケットとセットで車に常備。

寒い季節は、ふたつを組み合わせ、あったか快適!!