秋キャンプは重ねる服装!冷え込む朝晩の寒さ対策

着たり脱いだり 秋の寒さ対策は重ねる服装

蚊も減り、過ごしやすく秋のキャンプだが、朝晩の気温の低下には要注意。

寒い中、無理をしてテントで一晩過ごすと、眠れなかったり、体調をこわしたり。

そんな秋キャンプの日中との気温差対策には、重ねる服装がおすすめ。

秋のファミリーキャンプで、忘れちゃいけない朝晩の寒さ対策!!

スポンサーリンク

重ねる服装

  • インナー
  • +Tシャツ
  • +シャツ
  • +インナーダウンor薄手のフリース
  • +アウター
  • +ブランケット

インナー

寒いのが苦手な冷え性の方は、一度体が冷えると、着込んでもなかなかあたたまらない。

インナーをあらかじめ着ておくか、日が落ちたころには備えておくとよい。

素材は、肌触り・通気性がよく、薄手でもあたたいメリノウールがおすすめ。

  • 肌着・レギンス
    上半身だけ重ねて着ても、下半身が寒いと底冷えするのでセットで使用。
  • ソックス
    リラックスできるゆるめのものだと、就寝時に使用してもよい。

Tシャツ

動くと汗ばむようなあたたかい日は、Tシャツで。

まずは、半そでや長袖で調整。

シャツ

涼しくなりだしたら、着脱しやすいシャツが扱いやすい。

襟付きのシャツを準備しておけば、首まわりがあたたかい。

インナーダウンor薄手のフリース

寒くなりだしたら、インナーダウンや薄手のフリースを着用。

フリースを準備しておくと、シャカシャカしないので、就寝時にも使いやすい。

動きやすいベスト型もおすすめ。

アウター

アウターは、風を通さないものだとあたたかい。

中の服がごわつかない、ゆったりとしたマウンテンパーカーがおすすめ。

オーバーサイズシルエットのマウンテンパーカー

【ワークマン】高撥水マウンテンパーカー

ブランケット

上半身はアウターであたたかくできるので、イスに敷いたり、腰に巻くとあたたかい。

焚き火の火の粉で、アウターに穴が空かないように羽織ることもできる。

肌触りが良く、燃えにくい、綿やウールのブランケットがおすすめ。

シューズ

足元から冷え込んでいくので、あたたかいシューズがあるとよい。

ブーツでもよいが、テントの出入りもしやすいスリッポンがあると便利。

かかとも踏める防寒スリッポン

【ワークマン】防寒トレッドモック

ホッカイロ

秋以降のキャンプには、お守りとして常備。

足元が寒い場合は、靴下に貼るタイプがおすすめ。

やけどには充分に気をつけて使用

小物

寒さ対策に役立つ、その他の小物。

  • ネックウォーマー
  • レッグウォーマー
  • ニット帽
  • 手袋
  • ラップスカート
  • ホッカイロ
スポンサーリンク

重ねる寝床

毛布やウールブランケット

ウレタンなどのテントマットの上にひと工夫

毛布やウールブランケット、銀マットなど敷くと、底冷えがやわらぐ。

我が家では、緊急用に、9月ごろから、車に毛布やウールブランケットを常備。

寝袋

ダウンの寝袋に毛布やウールブランケットをかけて使用するとあたたかい。

暑がりな子供が一緒のときは、子供が寝袋からエスケープできるように工夫。

我が家では、封筒型の寝袋二枚を広げ、敷布団・掛布団として使用

本格的に冷え込むときは、連結できるダウンの寝袋を使用

スポンサーリンク

まとめ

徐々に昼と夜の寒暖差が激しくなるのは、10月ごろ。

11月のキャンプ場の夜は、関東でも本格的に冷え込む。

過酷なキャンプにならないよう、秋キャンプでも充分な寒さ対策を。