【水筒】2Lマホービンのレビュー!真夏の水分補給に必須

真夏のアウトドアの 水分補給に便利な水筒

真夏のキャンプでは、冷たい水が飲める保冷効果のあるウォータージャグが便利。

しかし、ウォータージャグは、重くてかさばり手入れも面倒。

そんなときは、キャンプでも日常生活でも使える、2Lマホービン。

あつーい真夏に、おいしい冷たい水で、しっかり水分補給を!!

スポンサーリンク

【2Lマホービン】象印

最近の夏は本当に暑く、熱中症になる人も増えている

真夏のキャンプの水分補給には、特に気をつけたいけど、頻繁に冷たい水を準備するのは面倒。

そこで活躍したのが、長男の野球用に購入した、大きな水筒。

野球用のため、長男の強い要望でミズノ仕様(笑)

スタンレーのようにキャンプに映える、無骨でかっこいいデザインもあったらいいな。

お気に入りのステッカーを貼ってもよいかも。

使い勝手がよい

  • コップに注いでもよし、そのまま飲んでもよし

真夏の暑いキャンプ中は、子供たちからの「冷たい水ちょうだい」攻撃がすごい。

  • 500ミリのペットボトルの水をクーラーボックスで冷やし、水分補給
    出しっぱなしにするとすぐにぬるくなる
  • 2リットルのペットボトルの水を、コップに注ぎクーラーボックスの氷を入れて、水分補給
    すぐに氷が溶ける

クーラーボックスを頻繁に開け閉めすると、クーラーボックスの中身の温度を下げ、食材にもよくない。

おしゃれなジャグに氷水を入れて使用するのもよいが、使用後に、大きなジャグを洗って乾燥させるのが面倒

かといって、人数分水筒を持っていくと、洗い物が増えてこちらも面倒。

そこで、今年は2Lの保冷水筒にぎっしり氷を入れ水を持って行き、2リットルのペットボトルの水で補充するというスタイルで使用

この水筒だったら、コップに注いでもよし、そのまま飲んでもよし。

車内でもまめに水分補給ができて、子供たちの「冷たい水ちょうだい」攻撃から開放され、楽チンに。

手入れが楽チン

  • 洗いやすい

注ぎ口が大きいので、氷を入れるときも楽チン。

洗うときは、スポンジを持った手が底まで入り、中もしっかり洗える

飲み口部分も、シンプルなパーツにわかれていて、洗いやすい

乾燥させるときも、ふきんやキッチンペーパーでふきとり可能。

置いておいてもウォータージャグほどは邪魔にならない。

スポンサーリンク

まとめ

長男の野球用に購入した、こちらの水筒。

水筒がスポーツ仕様なので、スポーツドリンクをいれてもオッケーというのもうれしい。

スポーツにはもちろん、夏のキャンプや公園遊びで大活躍!!