おすすめバーナーはCB缶仕様のSOTOのST-310!コンパクトで便利

バーナー ファミリーキャンプで便利なCB缶仕様

キャンプ料理に欠かせない、カセットコンロバーナー

おすすめは、購入しやすいCB缶仕様で、持ち運びに便利なコンパクトなシングルタイプのバーナー

CB缶仕様なら、燃料忘れでもなんとかなる!!

【保存版】ファミリーキャンプの荷物を減らす持ち物リスト!道具を厳選して荷物を少なくはこちら。

スポンサーリンク

カセットコンロとバーナーの違いとは?

カセットコンロとは

  • 家でお鍋のときなどに使用するコンロ
  • 主な燃料はCB缶 ※詳細は下記

家庭用のカセットコンロもキャンプで使えるけど、寒さや風に弱いのが難点。

アウトドア仕様になっていて、ふた付でふたが風除けになるタイプもある。

大勢のキャンプには、ガスコンロがおすすめ。

▼気になるカセットコンロ

バーナーとは

  • アウトドア仕様の加熱調理器具
  • 主な燃料はOD缶、一部CB缶のものもある ※詳細は下記

アウトドア仕様なので、風よけや燃料カバーなどのなどのパーツが充実している。

シングルバーナー

  • 一箇所調理用のバーナー
  • コンパクトなものが多い

ツーバーナー

  • 2箇所調理が同時にできるバーナー
  • ふたが風除けになるふた付タイプが多い
  • 大型のものが多くかさばる


▼気になるバーナー

スポンサーリンク

OB缶とCB缶とは?

バーナーとケトル

カセットコンロやバーナーの主な燃料は、LPガス。

LPガスには、OB缶とCB缶がある

OB缶とは

  • OutDoor缶の略
  • アウトドア用のLPガスでサイズやいろいろある
  • 寒さに強い冬仕様のものもある
  • ランタンの燃料と共用できる
  • アウトドアショップホームセンターで購入できる
  • コスパはよくはない

ランタンの燃料もOD缶の場合は、予備燃料を共用できるので便利。

▼愛用中のOD缶

CB缶とは

  • Cassette Bombe缶の略
  • 主にカセットコンロに使用するLPガス
  • どこでも売っているので購入しやすい

どこでも購入しやすいので、買い忘れや急な燃料切れでも安心。

▼愛用中のCB缶

スポンサーリンク

バーナーレビュー

【153ウルトラバーナー】PRIMUS(プリムス)

我が家の、初代バーナー。

  • OD缶仕様のシングルバーナー
  • 本体重量:116g
  • 燃焼時間:約55分(IP-250、使用時)

メリット

  • 軽量コンパクト

OD缶仕様なので、ランタンと共用できる。

デメリット

  • 高さが高い

OD缶に装着すると、バーナーの高さが高くなり、安定感のあるところで使用しないと危険。

また、CB缶と比較すると、OD缶のほうが手に入りにくい。

▼愛用中のバーナー

【レギュレーターストーブST-310】SOTO(ソト)

我が家の、2代目バーナー。

  • CB缶仕様のシングルバーナー
  • 本体重量:350g
  • 燃焼時間:約1.5時間(ST-760、1本使用時)

メリット

  • 購入しやすいCB缶仕様
  • 軽量コンパクト
  • 組み立てや、手入れが簡単
  • 専用パーツの種類が豊富

何度も燃料の買い忘れたけど、スーパーやコンビニで簡単に手に入るので、便利。

コンパクトながら、大きい深型のフライパンも使用できるので、4人家族でも問題なし

様々な専用パーツ、

  • 点火アシストレバー
  • アシストグリップ
  • ウインドスクリーン
  • 溶岩石プレート

が販売されていて、より便利に使える。


▼愛用中の専用パーツ

デメリット

  • ゴトクの上でクッカーが滑ることがある

鍋が軽かったとき、鍋をのせるゴトクから、滑ったことがあるので、要注意。

▼愛用中のバーナー

スポンサーリンク

まとめ

CB缶仕様のバーナーは、コスパがよく、燃料の買い足しも便利。

カセットコンロからコンパクトなシングルバーナーに変えたら、かなりの荷物の軽減に!!