【初心者必見】失敗しないキャンプ場の選び方!知っておくべきキャンプ場のこと

初心者必見!! 失敗しないキャンプ場選び

あまり土地勘のない場所でも、安心してテント泊ができるキャンプ場。

自分に合ったキャンプ場をみつけるためには、キャンプ場により異なるルールを知っておくとよい。

事前のリサーチで、快適なキャンプを!!

テントサイト

  • 区画サイト
  • フリーサイト

キャンプ場には、区画サイトとフリーサイトの2つのサイトスタイルがある。

各サイトのメリットとデメリットを比較して、状況に応じて選ぶとよい。

区画サイト

テントやタープを張るスペースが決められている

メリット

混雑する時期でも、あらかじめサイトの確保ができる

電源付きのサイトもある。

デメリット

余裕を持った広さではないこともあるので、区画のサイズは要チェック。

テントやタープによっては使用できないものもある

ロープやペグも区画からはみ出さないように注意が必要。

数家族で楽しみたい場合は、隣あわせで予約できるか、キャンプ場に要確認。

フリーサイト

テントやタープを張るスペースに制限が無い

メリット

混雑する時期を避ければ、区画サイトより広々としたサイトレイアウトが可能

数家族で楽しみたい場合も、自由なサイトレイアウトが楽しめる。

時期によっては貸切状態になることもある。

デメリット

人気のキャンプ場だと、混雑する時期には、区画サイトよりもギュウギュウになることが多い

スペースが早い者勝ちになるので、到着時刻によっては、場所の確保が大変。

キャンプ場の場所

  • 距離
  • 景色
  • 近隣のイベント

ホテル泊とは異なり、キャンプ場に到着してからも作業があることを想定。

長時間の移動になるなら、充分な休憩をとりながら移動したいところ。

距離

自宅からどのくらいの場所でキャンプをするか。

チェックインやチェックアウトの時間との兼ね合いも考え、往路も復路もシュミレーションしてみるとよい。

景色

景色も楽しみたい方は、そのキャンプ場の近辺もチェック。

東京近郊のキャンプ場では、隣が住宅街という景色のところもある

フリーサイトのほうが、比較的自然な景色が楽しめる。

近隣のイベント

イベントが目的で行く場合以外も、チェックしておいたほうがよい。

キャンプ日が近隣のイベントと重なると、イベントの渋滞に巻き込まれることもある

キャンプ場の設備

事前に設備のリサーチをしておけば、到着してから困ったり、バタバタせずに済む。

キャンプ場に直接問い合わせたり、レビューやブログでリサーチ。

オートキャンプの可否

荷物が多くなりがちなテント泊は、オートキャンプが可能だと断然ラク

駐車場が完全に離れている場合は、荷物の運搬のことを考えておく必要がある

フリーサイトの場合、オートキャンプ可能なところが多い。

区画サイトでオートキャンプ可能な場合、区画内に車も駐車することも忘れずに

共同キッチンの有無

共同キッチンでは、石鹸の使用制限などがあることも。

事前にチェックしておかないと、持って行ったものが使用できないことも。

共同シャワーの有無

キッチン同様、共同シャワーでも、石鹸の使用制限などがあることも。

夏はさっぱりだが、夏以外は入浴後の湯冷めに注意。

AC電源の有無

区画サイトでは、AC電源付のキャンプサイトもある。

AC電源が使えれば、ヒーターや扇風機を持参して使用することも可能

赤ちゃんや小さい子供が一緒の場合は、ぜひ活用したい。

レンタル品

キャンプ場でレンタルできるものを事前にチェック。

  • 調理器具
  • BBQ台
  • テーブル
  • 椅子
  • テント
  • ランタン
  • 寝袋など

荷物を減らしたいとき、忘れものをしたとき、一部だけ足りないときに便利。

予約が必要な場合もあるので、要チェック。

購入前のキャンプ道具を、レンタル品で試してみて、購入の参考にするのもあり。

販売品

キャンプ場で購入できるものを事前にチェック。

  • ガス燃料など

重要な燃料を忘れたとき、持参した分では足りなかったときに本当に助かる。

我が家では、荷物を減らすため、余分には持っていかないので、足りなくなったときに販売品を購入することもあり。

ただし、事前に購入するより割高だったり、混雑時には売り切れになることもあるので、要注意。

ペット同伴の可否

ペットが一緒の場合は、ペットの同伴が可能か必ず確認したほうがよい。

大型犬は不可で小型犬のみ可、というキャンプ場もあるので、要注意。

サイトの地面

芝生の場合、ペグが刺さりやすくラクだが、抜けやすくもある。

固い地面の上に砂利が敷いてある場合、丈夫なペグを持参していないとペグダウンで苦労することもある。

同じキャンプ場内でも、地面が異なることもあるので、要注意。

まとめ

ゴールデンウィークや夏休み中など、混雑する時期は予約がいっぱいになりやすい。

混雑する時期は予約を早めにして、お気に入りのキャンプ場で楽しいキャンプを

 

 

キャンプ
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス