メインランタンはLPガス?ホワイトガソリン?どちらも使用し5項目を比較

徹底比較!! ガス?ガソリン?メインのランタン

テントサイト全体を明るする、メインとなるランタン。

メインランタンは、LPガスランタンとホワイトガソリンランタン、どちらがよいのか。

両方のランタンを実際に使用し、項目ごとに比較してみた。

自分に合ったお気に入りのランタンで、夜のキャンプを彩りたい!!

スポンサーリンク

LPガスランタンvsホワイトガソリンランタン

購入しやすさ

  • LPガス【○】
  • ホワイトガソリン【○】

アウトドアショップではどちらも手に入る。

ホームセンターでは取り扱いにバラつきもある。

近所のお店などをチェックしておき、購入しやすい燃料にしておくと買い足しのときに楽チン

どちらも長期間の保管には要注意

コスパ

  • LPガス【△】
    ホワイトガソリンと比べるとコストパフォーマンスは高いが、たまのキャンプなら、あまり気にならない
    気温の低いときは火力が落ちるので、各メーカーからでているパワー強化のものを使うとよいが、価格はさらに高くなる。
  • ホワイトガソリン【◎】
    コストパフォーマンスもよく、火力も気温に左右されにくい。

補充

  • LPガス【◎】
    一度点火したら、ガスがなくなるまで、そのまま使用できる。
    ガスが無くなっても、ガス缶を付け替えるだけなので、ものすごく簡単
  • ホワイトガソリン【△】
    ポンピングを行わなければならないので、手間がかかる。
    夜、燃料切れになった場合、暗闇で給油をするのは、面倒だった
    給油用のじょうごを忘れていってしまったときは、ものすごく給油が大変だった。

明るさ

  • LPガス【○】
    ホワイトガソリンには劣るが、充分明るい
  • ホワイトガソリン【◎】
    フルパワーの明るさは圧巻で、真っ暗なキャンプサイトも一気に明るくなる

手入れ

  • LPガス【◎】
    特別なメンテナンスは特になし。
  • ホワイトガソリン【△】
    次の使用まで期間があく場合は、ガソリンを抜き、各部品の手入れや交換を行う
スポンサーリンク

専用ケースとマントル

専用ケース

車に積むときや持ち運ぶときに、専用ケースはあったほうがよい。

移動中に万が一ガラスが割れてしまっても、ケース内なら子供も安全だし、ガラスの片付けも楽。

マントル

LPガスやホワイトガソリンのランタンの使用開始のときは、マントルの空焼きが必須。

マントルの空焼きは自宅で済ませておくと、現場で暗くなってから、バタバタしなくて済む。

マントルの空焼きは失敗することもあるので、数枚購入しておくのがおすすめ。

また、現場でマントルが急に破けてしまったとき用にも、数枚予備を持っていくのがおすすめ。

スポンサーリンク

我が家のランタン

我が家ではLPガスランタンとやホワイトガソリンランタンを、状況によって使い分けている。

一泊のキャンプに行ったときは、圧倒的に楽々簡単なLPガスランタンを使用。

連泊などで時間にも余裕があり、ゆっくり過ごせる時にはホワイトガソリンランタンを使用。

ホワイトガソリンランタンの明かりとシューーーーーッという音でいい雰囲気に。

LPガス

【ノーススター】Coleman(コールマン)

ホワイトガソリン

【プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン】Coleman(コールマン)

スポンサーリンク

LPガスのテーブル用ランタン

我が家で使用しているLPガスのテーブル用ランタンは、コールマンの【ルミエールランタン】。

簡単に済ませたいときは、テーブル用はLEDランタンのみのこともあるが、できるだけ持って行きたい一品。

おしゃれなキャンプサイト作りにおすすめ。

LPガス

ルミエールランタン】Coleman(コールマン)

 

スポンサーリンク

まとめ

いろいろ使っては見たけれど、出番が多いのは、使い勝手がよいLPガスランタン。

しかし、コスパのことを考えるとガスランタンも捨てがたい。

メインランタンは、強力な光で、虫を惹きつけてくれるので、虫除け効果にも!!