LEDランタンやヘッドライトの商品説明でよくみるルーメンとは?必要な明るさの目安

LEDランタンやヘッドライトの商品説明でよく見るルーメンとは

LEDランタンやヘッドライトの商品説明でよくみる、ルーメン(lm)。

明るさの単位ということはわかるけど、目安がよくわからない。

LEDランタンやヘッドライトには、どのくらいがちょうどよいのか。

ルーメンをよく知れば、LEDランタンやヘッドライト選びもスムーズに!!

スポンサーリンク

ワットとルーメンの違い

明かり

ワット(w)

明るさの単位ではなく、消費電力の単位白熱電球の明るさの基準になっている。

白熱電球の場合、消費電力が大きいほど明るくなるので、ワットの数値で明るさを判断している。

ルーメン(lm)

光の量を表す、明るさの単位LED照明の明るさの基準になっている。

光の量とは、光のもとから放たれる光の大きさ(光束)で、ルーメンの数値が大きいほど、光の量が多い。

少しやっかいなのは、明るさは、光の量と光の広がり方によってが決まるため、ルーメンの数値が大きくても、必ず明るいとは限らないということ。

光の量が多くても、光の広がり方が悪ければ、明るさが半減してしまうこともある。

反対に、光の量が少なくても、光の広がり方がよければ、明るいと感じることもある。

家電量販店などのLEDライトのおすすめ表示が、

  • 6畳:2,700lm~3,700lm(180W〜240W相当)
  • 8畳:3,300lm~4,300lm(240W〜320W相当)

とあり、それを参考にシーリングライトを購入したが、若干暗く感じた。

スポンサーリンク

LEDランタンやヘッドライトの必要な明るさの目安

夜空

LEDランタン

LEDランタンを選ぶときに、覚えておきたいのは、上記のとおり、同じルーメンのLEDランタンでも、光の広がり方によって明るさは異なるということ。

一面に光が集まるパネル型のLEDライトに対して、全方向に光が広がるランタン型の方が暗く感じる。

明るいLEDランタンが欲しい場合は、うまく光を集めることのできる、効率のよいリフレクターが備わっているLEDランタンを選ぶのがおすすめ。

メインランタンのおすすめは

キャンプサイト全体を照らす、メインのLEDランタンにおすすめなのは、1,000lm

電球でいうと、80w相当。

夜になっても、サイト全体が見渡せる程度の明るさ

細かいところまでは照らしきれないので、サブランタンを併用するのがおすすめ。

 

▼気になるメインランタン(1,300lm)

サブランタンのおすすめは

テントの中やテーブルで使用する、サブのLEDランタンにおすすめなのは、100lm

100lm程度なら、まぶしくならず、手元を照らすのにちょうどよい明るさ

また、明るすぎないので、虫も寄りつきにくい。

テントの中で眠りにつく前は、100lm以下でも充分なので、光量調節ができると便利

 

▼我が家で使用中のサブランタン(100lm)

ヘッドライト

こちらも使用するシーンによって、必要な明るさが異なる。

キャンプでも登山でも使いたい場合は、光量調節ができるものがあると便利

ヘッドライトの使用時は、すれ違う人の目線にあたらないよう、角度に注意

キャンプ用ヘッドライトのおすすめは

キャンプ中に使用するヘッドライトにおすすめなのは、100lm

キャンプ場で、夜の散歩やトイレに行くときに、足元を照らすのに使いやすい明るさ

キャンプ場での使用は、他の利用客に迷惑にならない程度の明るさがおすすめ。

登山用ヘッドライトのおすすめは

登山に使用するヘッドライトにおすすめなのは、200lm以上

街灯のない真っ暗な山道を歩くときに、行く先が照らせる明るさ

真っ暗な山道は、行く先が見えないと、不安だし危険。

登山中に日が暮れ、怖い思いをしたことがあり、真っ暗な山道に慣れていない人こそ、明るく照らせるヘッドライトを持っておいたほうがよい、と実感。

ワイドライト機能やスポットライト機能付きのヘッドライトもあるので、照射範囲も合わせてチェックするとよい。

  • ワイドライト機能:光を拡散し、広い範囲を照らす
  • スポットライト機能:光を集め、遠くまで照らす

 

▼気になるヘッドライト(300lm)※旧モデル愛用中

スポンサーリンク

まとめ

ルーメンの数値が大きくても、必ず明るいとは限らないというのは意外だった。

LEDランタンやヘッドライトを選ぶときは、全てを試すのはなかなか難しい。

ルーメンの特性を知り、LEDランタンやヘッドライト選びに役立てたい!!