【初心者必見】キャンプ道具選びで失敗しない3つのコツ!購入前にひと手間

キャンプ用品選びで失敗しないコツ

お値段お高めのものが多い、キャンプ道具。

そんなキャンプ道具選びでは、失敗したくない。

お気に入りのキャンプ道具をみつけるコツは、購入前のひと手間。

ポイントをおさえてしっかり厳選すれば、キャンプ道具で失敗しない!!

スポンサーリンク

キャンプスタイルを決めておく

  • ハイスタイル
  • ロースタイル
  • お座敷スタイル

はじめに、好みのキャンプスタイルキャンプスタイルをみつける

イメージがわかない場合は、アウトドアショップなどの展示品で、実際にさわってみ

梱包されているものでも、店員さんにお願いすると、広げてくれることもある。

我が家のスタイル歴

一番最初は、アウトドアチェアとテーブルをハイスタイルで統一

ところがそのアウトドアチェアは、お尻が深く沈み、腰痛持ちの私には合わなかった。

次に、お座敷スタイルもやってみたけど、食べこぼしの片付けなどが面倒だった。

シートにムカデが侵入してきたこともトラウマとなり、お座敷スタイルも断念。

そして、現在はロースタイルに落ち着いている

ロースタイルは腰痛になるという意見もあったけど、試してみたところ、アウトドアチェアのお尻が深く沈まなければ、腰痛はなく、立ち上がりも苦ではなかった。

また、ハイスタイルよりローススタイルのほうが、のんびりリラックスできた。

スポンサーリンク

必要な道具をリストアップ

  • 必要な道具を、具体的にリストアップ

スタイルを決めたら、次は持ち物リストなどを活用し、必要なものをリストアップ

リストアップは、

  • リビングはハイスタイルの椅子とテーブル
  • 明かりはLEDランタンとヘッドライト
  • 焼きと煮込みが兼用できる深型のフライパン

など、なるべく具体的に決めておく

何も考えずにはじめての買い物に行った我が家は、不要な道具の購入や、後から買い替えるものが多くなってしまった。

スポンサーリンク

比較・検討する

  • サイズ(収納時・使用時)
  • 使用方法(設営・撤収方法)
  • 手入れ方法
  • 機能性とデザインのバランス
  • 購入場所

リストアップができたら、各道具の詳細を比較・検討

リサーチは、アウトドアブランドのホームページや商品カタログ、実際に使用した様子が読めるブログなどを活用して。

機能性とデザインのバランス

2つのバランスが悪いと、

  • 見た目で選んで機能がいまいち
  • 機能で選んで見た目がいまいち

と、残念な結果に。

あとで買い替えることにならないよう、しっかり検討

購入場所

購入場所は、アフターサービスやポイント・値段を考慮して決める。

インターネットで購入する場合でも、可能であれば、店頭で現物を見てから決定するとよい。

スポンサーリンク

まとめ

じっくりキャンプ道具を選んで、お気に入りのものをみつける。

お気に入りの道具がそろえば、準備も片付けも楽しくなる。

お気に入りのキャンプ道具をそろえて、気分の上がるファミリーキャンプに!!