歴代アウトドアテーブルレビュー!軽量コンパクトなテーブルをシーンによって使い分け

軽量コンパクトなアウトドアテーブルおすすめの理由

アウトドアテーブルは、種類がたくさんあり、どれを買ったらよいのか迷う。

キャンプはもちろん、公園遊びや運動会でも、気軽に使いたいアウトドアテーブル。

いろいろ使ってみた我が家がたどり着いたのは、持ち運びが簡単な軽量コンパクトなテーブル!!

【保存版】ファミリーキャンプの荷物を減らす持ち物リスト!道具を厳選して荷物を少なくはこちら。

スポンサーリンク

アウトドアテーブルレビュー

WILD-1の折りたたみテーブル

我が家が実際に使用してきた、5タイプのアウトドアテーブルのレビュー。

【ピクニックテーブルセット】Coleman(コールマン)

一番最初に購入したテーブル。

テーブルとベンチがセットになっていて、わりとコンパクトにまとまっている。

ベンチの部分はラックとして使用していた。

メリット

  • テーブルとベンチがセットなので、これだけでリビングになる

デメリット

  • テーブルとベンチがセットなので、その分重い
  • ベンチだけだとリラックス度が劣るので、別の椅子も欲しくなる

▼過去に愛用していたアウトドアテーブル

【アルミロールテーブル】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

十年以上愛用中のミニテーブル。

我が家の場合、公園遊びなどの、ちょっとしたときには、これひとつで充分。

メリット

  • 熱に強いので、フライパンなどをさっと置けて便利
  • 軽量コンパクトなので、ちょっとしたピクニックのときにも大活躍

デメリット

  • テーブルの端についてるキャップが外れやすく、よくなくなる
  • 体重をかけて手をつくと、危ない


▼愛用中のアウトドアテーブル

ノーブランドのガーデン用?ロールテーブル

BYER (バイヤー) のロールテーブルが流行しだしたころに、ロールテーブルにあこがれて購入したテーブル。

ガーデン用だったのか、かなり重くかった。

メリット

  • 安いのに、ものすごくしっかりしてる
  • 子供が手をついても、安定感あり

デメリット

  • とにかく重くてかさばる
  • 組み立てが面倒


▼過去に類似モデルを愛用していたアウトドアテーブル

【バタフライレジャーテーブル】North Eagle(ノースイーグル)

公園で使ってるのをみかけて、マネして購入してみた簡易テーブル。

ニトリや他メーカーでも同一商品ありだけど、雑な扱いをしてしまう我が家では、すぐにゆがんでしまった。

メリット

  • とにかく軽い

デメリット

  • 簡易的すぎて、安定感がない
  • 適当に扱うと、ゆがむ


▼過去に類似モデルを愛用していたアウトドアテーブル

ノーブランドの軽い折りたたみテーブル

WILD-1(ワイルドワン)で購入した、現在使用中のテーブル。

サイズは大きくないけど、4人のときは、2つ持って行き、2人で1つのテーブルを使用。

焚き火やバーベキューを囲み、サイドテーブルのように利用できて便利。

メリット

  • しっかりしたプラスチックでできていて、とにかく軽量コンパクト
  • サイズが小さいので2個持って行っても、軽量コンパクトでかさばらない

デメリット

  • テーブルの脚が点でなく面のため、でこぼこの地面だと少し不安定
  • プラスチックなので、熱に弱い

WILD-1 折りたたみテーブル

スポンサーリンク

今気になるアウトドアテーブル

芝生

【フィールドラック】UNIFLAME(ユニフレーム)

熱に強く、熱いものをのせても大丈夫なのが魅力のテーブル。

分散耐荷重約30kgと頑丈なので、重ねて使用したり、クーラーボックスをのせたりもできる。

▼気になるアウトドアテーブル

スポンサーリンク

まとめ

軽量コンパクトなものは、組み立ても簡単なことが多く、組み立てが簡単なものは、片付けも簡単。

軽量コンパクトで使い心地のよいアウトドアテーブルで、いつでもどこでも快適!!