ファミリーキャンプのタープレビュー!軽量コンパクトなタープは持ち運び便利

軽量コンパクトなのタープおすすめの理由

ファミリーキャンプは楽しいけど、タープの設営や片付けは大変。

タープの設営や片付けが楽チンになれば、キャンプはもっと気軽なものに。

面倒くさがりの私がたどり着いたのは、軽量コンパクトでも大きいタープ。

ファミリーキャンプでも公園でも使える、軽量コンパクトなタープで、設営も片付けも持ち運びも楽チン!!

スポンサーリンク

タープレビュー

我が家が実際に使用してきた、4タイプのタープのレビュー。

重くて大きいものと軽量コンパクトなもの、それぞれのメリット・デメリット。

【スクリーンキャノピージョイントタープ】Coleman(コールマン)

どこでも購入できる、ベーシックなスクリーンタープ(自立式)。

一番最初に購入したタープで、ドームテントと連結可能。

メリット

  • サイドに幕がある

サイドの幕を降ろすと、大雨の吹き込みも防げ、タープ内で快適に過ごせる。

寒いときも、サイドの幕を降ろし、中をあたたかく保てる。

デメリット

  • 大きい
  • 重い
  • 一人での設置・撤収は難しい

大きいので、設営に場所をとる

手入れのために、家で広げるのが難しい

重さがあり、運ぶのも大変

タープポールを生地に通すタイプは手間がかかり、一人での設置・撤収は難しい

撤収時に収納袋に収めるのも一苦労。

 

【ヘキサタープ】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

コスパの良い、ヘキサタープ(六角形)。

メリット

  • お手軽

近所の公園でも、簡単に広げられる。

ホームセンターでも簡単に手に入る。

デメリット

  • 小さい

小さいので、雨の吹込みがすごい

生地が薄いので、厚手のものと比べると、日光をとおす。

【SilWing(シルウイング)】INTEGRAL DESIGNS(インテグラルデザイン)

超軽量コンパクトな、ヘキサタープ(六角形)。

メリット

  • 超軽量コンパクト

軽くてコンパクトなので、簡単に広げられる。

トレッキングポールで簡単に設営できる。

デメリット

  • 超小さい

小さいので、雨の吹込みがすごい

低めに張れば吹込みは軽減するが、サイズ的にファミリーキャンプ向きではない。

【20 UL(ウルトラライト)】HILLEBERG(ヒルバーグ)

軽量コンパクトだが、大きいレクタタープ(正方形)。

我が家で愛用中のおすすめタープ。

メリット

  • 軽量コンパクト

軽量コンパクトで、持ち運びが楽チン。

収納袋に収めなくても、かさばらない。

デメリット

  • 大きい

広げたサイズは大きいので、設営に場所をとる。

スポンサーリンク

まとめ

日よけや雨よけ、冷気よけに必須のタープ。

テントとセットで、必ずそろえておきたい。

大きければ、雨の日に、タープ内でテントの設営や撤収も可能。

軽量コンパクトな大きいタープで、キャンプも楽チンに!!