秋キャンプの朝晩は寒い!寒さ対策は重ねる服装で

着たり脱いだり秋の寒さ対策は重ねる服装

蚊も減り、日中は過ごしやすく快適な、秋のファミリーキャンプ。

しかし、過ごしやすい状況から一転し、朝晩はかなり冷え込む。

準備不足で寒い中、無理してテントで一晩過ごすと、眠れなかったり、体調をこわしてしまったりと大変。

重ねる服装でしっかり寒さ対策をしておけば、秋のファミリーキャンプも怖くない!!

 

重ねる服装で寒さ対策

インナー

寒いのが苦手な冷え性の方は、一度体が冷えると、着込んでもなかなかあたたまらない。

インナーをあらかじめ着ておくか、日が落ちたころには備えておくとよい。

素材は、肌触り・通気性がよく、薄手でもあたたいメリノウールがおすすめ。


 

肌着・レギンス

上半身だけ重ねて着ても、下半身が寒いと底冷えするのでセットで使用。

 

ソックス

リラックスできるゆるめのものだと、就寝時に使用してもよい。

 

1枚目

動くと汗ばむようなあたたかい日は、Tシャツで。

 

2枚目

寒くなりだしたら、着脱しやすいシャツが扱いやすい。

襟付きのシャツだと、首まわりもあたたかい。

 

3枚目

本格的に寒いときは、さらに薄手のフリースやインナーダウンを。

ベスト型もおすすめ。

フリースだと、就寝時にシャカシャカを気にせずそのまま使える。

 

4枚目

アウターは、マウンテンパーカーなど風を通さないものがあたたかい。

【ワークマン】高撥水マウンテンパーカーのレビュー!シェラデザインズとの比較も はこちら

 

ブランケット

焚き火をするときは、火の粉で服に穴が空かないよう、綿やウールのブランケットの使用するとよい。

寒いときには、イスに敷いて座ったり、腰に巻いてもあたたかい。

 

シューズ

リラックスタイムには、かかとが踏める、あたたかいスリッポンがあるとラク。

【ワークマン】防寒トレッドモックのレビュー!ひと冬ほぼ毎日愛用 はこちら

 

その他

寒さ対策で使える、その他の小物。

  • ネックウォーマー
  • レッグウォーマー
  • ニット帽
  • 手袋
  • ラップスカート

 

テント内の寒さ対策

寝袋

暑がりな子供と眠るときは、子供が寝袋からエスケープできるよう、封筒型寝袋を二枚広げ、敷布団・掛布団として使用

かなり冷え込むときは、ファスナーを閉じて使用


 

大人だけなら、ダウンの寝袋にブランケットをかけて使用するとあたたかい。

 

10月ごろから、だんだんと昼と夜の寒暖差が激しくなる。

11月ごろのキャンプの夜は、関東でも真冬並みに冷え込むので、緊急用に車に予備毛布を積んでおくと、安心。

 

キャンプ
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス