【まとめ】面倒なファミリーキャンプは嫌!面倒になる原因と対策

準備も片付けもファミリーキャンプが面倒な原因

めんどくさがりのキャンプ初心者が、楽々簡単キャンプのために試行錯誤。

キャンプの回を重ね、段々とキャンプが楽々簡単に。

ファミリーキャンプの何が面倒なのか、原因を知り、対策を練り、楽々簡単キャンプ!!

 

楽々ファミリーキャンプのための持ち物リストはこちら。

【保存版】荷物を減らす持ち物リスト!これで荷物も気持ちも軽々キャンプ
ついつい持って行き過ぎてしまうキャンプ道具。 荷物が多いと、準備もキャンプ中も片付けも面倒。 ...

 

キャンプ道具の収納と荷造り

キャンプ道具をバラバラに収納すると、何をどこに入れたか探すのが手間だし、かさばる。

大きめのRVボックスなどにまとめ、中で仕切ったりジップロックなどで分けておく。

自宅の収納場所は、出し入れしにくい所だと、アイテムの確認や追加収納も面倒なので、出し入れしやすい所にしておく。

キャンプに行くときはそのまま持って行き、帰宅後はそのまま収納。


 

食材の準備と荷造り

食材や調味料をまとめておくと、荷物もまとまり、使うときも探さずに済む。

料理にこだわり過ぎたり、足りなくなる不安から、多めに持って行きがちな食材。

食材は最低限の量にして、足りなくなったとき用にレトルトやカップ麺を持って行くと便利。


 

キャンプ場での荷物運び(オートキャンプは問題なし)

駐車場からテント設営地まで距離がある場合、カートが役立つが、カートが使えない場所も多いので要注意。

カートが使えない場合、荷物の数が多いと、一度にいくつも持ち運びにくく、何往復もするはめに。

それぞれの荷物が重すぎても、一人で持ち運べない。

 

荷物はコンパクトにまとめ、1人でも持てる重さに!!

 

キャンプする場所の確保(区画のあるキャンプ場は問題なし)

区画整理されていないキャンプ場での設営場所は、早い者勝ち。

残ったスペースはトイレの目の前なんてことも。

混み合う時期は、はやめに到着して好みの場所を確保できるとうれしい。

 

なるべく早く到着して好みの場所を確保!!

 

テント・タープの設営

大きくて手間のかかるテントやタープだと、設営・撤収に二人以上で取り掛からなければ難しく、時間もかかる。

軽量コンパクトで簡単なものだとすぐに設営・撤収ができ、暗がりや雨の中でもさっと動けるし、手入れも楽。

 

軽量コンパクトで簡単のものなら、さっと設営・撤収できて手入れも楽々!!

 

軽量コンパクトなテントとタープはこちら。

設営や片付けが面倒!軽量コンパクトなテントとタープで楽々簡単キャンプ
設営や片付けが面倒なテントとタープ。 おすすめは、なんといっても簡単軽量コンパクトなもの。 ...

 

軽量コンパクトなテーブルと椅子はこちら。

一番使う道具は心地よく!軽量コンパクトなテーブルと椅子で楽々簡単キャンプ
キャンプで一番使うであろうテーブルと椅子。 おすすめは、簡単軽量コンパクトで心地のよいもの。 ...

 

キャンプ撤収作業

撤収のときには、テント内の片付け、調理器具の片付け、テント・タープの撤収など、やることが多いので、一気にやらず、キャンプ中に少しづつ片付けておくと帰りが楽。

大きいテントとタープは、入っていた袋に収めにくい場合があるので、コンプレッションベルト(スーツケースベルトみたいなもの)があるとよい。

 

一気に片付けずに、キャンプ中に少しづつ片付け!!

 

帰りの荷物

帰りの荷物は、使用後のものを別の袋に分けたりすると、行きよりもかさばる。

ゴミの持ち帰りがある場合は、ゴミもかさばる。

車内にゴミを積む場合は、におい・液漏れ対策で、ふた付かつコンパクトになるゴミ箱が便利。

 

ゴミの管理についてはこちら。

【保存版】ファミリーキャンプの手抜きアイデア!初心者にもおすすめのちょっとした工夫
なにかと手間のかかるファミリーキャンプ。 ちょっとしたことを工夫するだで、一手間減らせることも...


 

帰宅後の後片付け

キャンプの疲れが残る中、食器や洋服などの大量の洗い物、ゴミの処理、テントとタープと寝袋などの手入れと収納が大変。

キャンプ中に洗い物やゴミはしっかりと分け、できれば小物の手入れもしておく。

帰宅日が晴れている場合は、荷造りの前に、テント、タープ、寝袋などを日干ししてしまうと帰宅後が楽。

 

キャンプ中にできることは済ませておく!!