100均で買える多肉植物の冬越しアイテム

100均で買える越冬アイテム

屋外で冬越しをする多肉植物とサボテンに使えるアイテムを100均で探したみた。

 

冬に強い多肉植物の冬越しはこちら。

冬に強い多肉植物の屋外で冬越しする3つのポイント
我が家は東京の片隅の市街地という土地柄、雪もほとんど降らず極寒にならない地域。 冬に強そうな多肉植物とサボテンは、屋外で冬越ししてみることを決断。 3つのポイントさえおさえれば、屋外でも無事冬を乗り越えられそう。 ...

 

多肉植物の冬越しアイテムのポイント

そもそも冬支度が必要になるのは、

  • 霜にあたりそうなとき
  • 凍りそうなとき

 

鉢を置いている場所により、冬支度のタイミングが異なり、

「軒下で高さのある花台」

という条件だと、最低気温が0度以下になりそうなときには、冬支度を済ませておいたほうがよい、というのが前回の見解。

 

我が家には室内のスペースもビニールハウスも無いので、冷気から鉢を守ってくれる装備をリサーチ。

発泡スチロールが冷気から鉢を守ってくれるらしいが、密閉してしまうと多肉植物が呼吸出来なくなってしまうのでよくないとのこと。

そこで、、

 

鉢のまわりの冷気を遮断、密閉にならないよう気をつけつつ、上からの冷気を緩和!!

 

【ダイソー】で多肉植物の冬越しアイテム探し

早速100均の王様、ダイソーでアイテム探し。

発泡スチロール製の保冷ボックスを探してみたところ、ちょっとしたピクニックで使用するような、350ミリ缶6本分という小さな保冷ボックスが200円。

サイズ的に大きい鉢は入らないし、小さい鉢もたくさんは入らなさそう。

小さい保冷ボックスが何個も必要となると、それを置くスペースも必要なうえ、割高。

ウッドデッキなど、地面から高さがあるところに広いスペースがあるなら、発泡スチロール製の保冷ボックスをたくさん並べてもよいかもですが、そんなオシャレなウッドデッキはないので断念。

お魚屋さんに余っている保冷ボックスをいただきに行こう、とも考えたが、多肉植物から鮮魚のにおいがすることを想像してこれも断念。

 

どうしようか悩んでいたところ、

「家にある板とかダンボールで箱を作って、板状の発泡スチロールスを何枚か重ねて敷いたらどお?」

というとーちゃんの案をいただき、早速ダイソーで、

  • 板状の発泡スチロール(発泡スチロールコーナー)
  • 不織布(園芸コーナー)

を多めに購入。

発泡スチロール製の保冷ボックスを何個も購入するより割安。

 

100均アイテム

多肉植物超初心者のはじめての冬越しはこれに決定!!

 

我が家は東京の片隅の市街地という土地柄、雪もほとんど降らず極寒にならない地域。

雪が降り積もる地域やかなり気温が下がる地域では、もう少し手厚い冬支度が必要そう。

 

冬に弱い多肉植物の冬越しはこちら。

冬に弱い多肉植物の室内で冬越しする2つのポイント
夏の終わりに多肉植物とサボテンを育てはじめて約3ヶ月半。 このたび、はじめて冬越しという大きな山場を迎えることに。 そこで、多肉植物超初心者でめんどくさがりの私でも無理なく出来そうな、簡単な冬越し方法をリサーチ。 室内...