100均で買える!多肉植物の冬越し対策アイテム

100均で買える越冬アイテム

はじめての冬越しを目前に控え、準備中。

寒さに強そうな多肉植物とサボテンは、屋外で冬越しすることにしたが、ビニールハウスが無い。

そこで、100均のアイテムを使い冬越しできないか考えてみた。

冬越しアイテム

屋外で冬越しする3つのポイント!寒さに強い多肉植物編でふれたとおり、

  • 霜にあたりそうなとき
  • 凍りそうなとき

には対策が必要。

鉢を置いている場所により、冬支度のタイミングは異なり、

  • 軒下で高さのある花台

という我が家の条件だと、最低気温が0度以下になりそうなときに対策が必須

ビニールハウスがない我が家では、発泡スチロールを使用してみようと考えた。

冬越しボックス

100均アイテム

早速100均の王様ダイソーで、発泡スチロール製の保冷ボックスを探してみた。

ちょっとしたピクニックで使用するような、350ml缶6本分の小さな保冷ボックスが200円

このサイズだと、大きい鉢は入らず、小さい鉢でも数個だけしか入らない。

また、小さい保冷ボックスを何個も準備するとなると、置くスペースも必要だし割高

ウッドデッキなど、地面から高さがあるところに、広いスペースがあるなら、保冷ボックスをたくさん並べてもよいかもしれないが、我が家にはないので、小さい保冷ボックス案は断念。

 

お魚屋さんに、余っている保冷ボックスをいただきに行こうかとも考えたが、多肉植物から鮮魚のにおいがすることを想像して、これも断念。

 

悩んでいたところ、旦那さんが「家にあるダンボールで箱を作って、板状の発泡スチロールを数枚重ねて敷いたらどお?」とナイスアドバイス。

早速、発泡スチロールコーナーにあった板状の発泡スチロールと、園芸コーナーにあった不織布を購入して、自家製の冬越しボックスを作ってみることに。

  • 板状の発泡スチロール→鉢まわりの冷気を遮断
  • 不織布→上からの冷気を緩和しつつも密閉にならない

結果、発泡スチロール製の保冷ボックスを何個も購入するより、かなり割安となった。

自家製の冬越しボックス

  1. ダンボールのふた部分はカット
  2. 底と側面に板状の発泡スチロールを配置
  3. 鉢を中に
  4. 夜はふたの代わりに不織布を被せ、日中は不織布をはずす

まとめ

我が家は東京の片隅の市街地という土地柄、雪もほとんど降らず極寒にならない地域。

そのため、この程度の冬越し準備で済んだが、雪が降り積もる地域やかなり気温が下がる地域では、もう少し手厚い冬支度が必要そう

 

100均 多肉植物
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス