【初心者必見】育てやすいセダムとカランコエ!成長スピードしやすい多肉植物

初心者におすすめのセダムとカランコエ

日当たりの悪い我が家では、多肉植物の成長ペースはゆっくりめ。

せっかちな私は、多肉植物にしばらく変化がないと、大丈夫なのか不安。

そんな環境でも、短期間で元気に成長した姿をみせてくれたのは、セダムとカランコエ

季節は「夏の終わりから秋にかけて」「場所は東京の都下」「日当たりは悪く」「日照は半日程」という条件での成長記録!!

 

見よう見まねでセダム丼とセダム畑!作り方のコツはこちら。

 

【初心者必見】多肉植物の育て方の5つのポイントとその理由!失敗から学んだことはこちら。

スポンサーリンク

セダムのビフォーアフターアフター

8月25日

セダム

じーじ宅から我が家にやってきたばかりで、元気いっぱい。

9月2日(8日後)

セダム2

土選びの失敗後、植えなおしをしたときの様子。

植え替えに疲れたのか、以前よりだいぶしょんぼりしていた。

 

多肉植物初心者が寄せ植えでやってしまった3つの失敗!初心者あるある?はこちら。

9月30日(36日後)

セダム3

約1ヶ月が経過して、ふたたび元気いっぱいに。

太陽に向かってシャキっと立ち上がり、小さいながらも、オシャレな色でステキなセダム。

少しでも日当たりの良い場所に置くことを心がけた甲斐あってか、約1ヶ月かけてしっかり根付いた様子。

 

▼気になるセダム

スポンサーリンク

カランコエのビフォーアフターアフター

9月2日

カランコエ

我が家にやってきて、セダム同様、植えなおしをしたときの様子。

植え替えしたてで、グラグラしている。

10月2日(30日後)

カランコエ2

約1ヶ月が経過して、かなりしっかり根付き、成長。

11月22日(約2ヶ月半後)

カランコエ3

約2ヶ月経過すると、葉に子供ができてきた。

ばーば師匠が、「この多肉は子供がポロポロ落ちて、恐ろしいほど増えるよ~」と言っていたので、どんなことになってしまうのかドキドキだったが、我が家ではまだ恐ろしいほど増えてはいない。

スポンサーリンク

まとめ

日当たりの悪い庭で、スローな成長ペースの、我が家の多肉植物。

そんな環境でも、順調に成長してくれている多肉植物があった。

セダムとカランコエは、とても育てやすく、初心者にもおすすめ!!