【初心者必見】室内での冬越し方法2つのポイント!寒さに弱い多肉植物

寒さに弱い多肉植物の冬越し

あたたかい季節を好むイメージがの多肉植物だが、東京での冬の管理はどうすればよいのか。

本格的な冬が来る前に、しっかり冬越しポイントをおさえておきたい。

いろいろリサーチした結果、寒さに弱い多肉植物は、室内で管理

多肉植物を、冬に室内で管理するときの2つのポイント!!

 

【初心者必見】屋外での冬越し方法3つのポイント!寒さに強い多肉植物はこちら。

スポンサーリンク

ポイント1:室内に入れるタイミング

霜

寒さに弱い多肉植物

大きく分けると、

  • カランコエ属
  • クラッスラ属

中には寒さに強いものもあり。

霜が降りる前に室内へ

寒さに弱い多肉植物は、霜に弱い。

土に霜が降りると、根が凍結し、解凍がうまくいかないと、葉や茎がブヨブヨに。

そこで、霜が降り始める前には、室内に入れようと、霜の降りる条件を調査。

霜が降りる条件

気温がおよそ5℃以下まで下がった朝、地面付近の温度は気温よりも数℃低い0℃以下となり、霜が降りることがある
引用:Wikipedia

意外だったのは、霜が降りるのは、気温が氷点下のときではなく、気温が5度以下になるときということ。

天気予報をチェック

屋外で過ごせるうちは、なるべく自然の寒さの中で過ごしたほうが、寒さに強く、引き締まった多肉植物になるらしいので、ギリギリまで屋外で管理。

最低気温が5度以下になると霜が降りる可能性があるので、そのタイミングで室内へ移動させようと、最低気温が5度以下になりそうな日を天気予報でチェック。

チェックが面倒な場合は、あらかじめ、寒くなりだしたころに室内に入れておいてもよい。

スポンサーリンク

ポイント2:室内で管理する場所と入れ物

ハオルチア2

室内管理する場所

まだまだ暖かいなーと思っていたが、数日前から急に朝晩の気温が下がり始め、天気予報で最低気温が5度以下になったので、「室内で冬越し」と決めていた多肉植物とサボテンを室内に移動。

暖房などであたたかくなるところに多肉植物を置いてしまうと、季節感がずれ、成長に良くないとのこと。

我が家では、あまり暖房を使用せず、日中窓を開けて換気を行う、2階の寝室の出窓へ。

窓際は屋外と同様、夜間に冷え込むのでよくないという意見もあったが、とても日当たりが良いし、窓際以外に置く場所も無いので、今回は窓際へ。

多肉植物とサボテンが、寝室の加湿や空気清浄に一役買ってくれるかも。

日当たりの良い廊下や、おどり場がある場合は、そちらがおすすめ

室内管理用の入れ物

移動中や水やり後などに土や水がこぼれてもよいように、大きい鉢は鉢皿にのせ、小さい鉢はニトリのカラーボックス用の入れ物にひとまとめ

入れ物に、鉢がぴったりと収まっていると、持ち運ぶとき鉢が転倒しづらく、使い勝手がよい。

また、ニトリのカラーボックス用の入れ物は、高さがカラーボックス一段の半分の高さなので、多肉植物への日差しをさえぎらない。

 

▼愛用中の入れ物

 

▼気になる入れ物

スポンサーリンク

まとめ

本格的な冬が来る前にはしておきたい、冬越しの準備。

事前に冬対策をしておけば、急な冷え込みでも安心

いつもはバタバタの私も、落ち着いて対処!!