【冬越し】寒さに弱い多肉植物の室内管理2つのポイント!

寒さに弱い多肉植物の冬越し
スポンサーリンク

あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、冬の間はどう管理すればよいのか。

東京の冬という環境下での、寒さに弱い多肉植物室内での冬越し方法。

本格的な冬が来る前に、ポイントをおさえておきたい。

寒さに弱い多肉植物

多肉植物の寄せ植え

ひとくくりに多肉植物とはいっても、それぞれに個性があり、寒さに弱い多肉植物も強い多肉植物もある。

寒さに弱い多肉植物の種類は、

  • カランコエ属
  • クラッスラ属
  • サボテン

など。

実際に育てていて、特にクラッスラ属寒さに弱いと感じた。

【冬越し】寒さに強い多肉植物の屋外管理3つのポイント!
あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、冬の間はどう管理すればよいのか。 東京の冬と...

室内管理の2つのポイント

霜

冬の間、寒さに弱い多肉植物を室内で管理するポイント。

室内管理にするタイミング

寒さに弱い多肉植物は、霜に弱い

霜が降りると、根が凍結し、解凍がうまくいかないと、葉や茎がブヨブヨに。

霜が降りる条件

多肉植物を霜から守るため、まずは霜の降りる条件を調査。

気温がおよそ5℃以下まで下がった朝、地面付近の温度は気温よりも数℃低い0℃以下となり、霜が降りることがある
引用:Wikipedia

意外だったのは、霜が降りるのは、気温が氷点下のときではなく、気温が5度以下になるときということ。

天気予報をチェック

霜の降りるタイミングがわかったので、天気予報で、霜が降りそうな日をチェック。

最低気温が5度以下の予報がでたら、遅くても、その前日までには室内に入れておきたい。

チェックが面倒な場合は、寒くなりだしたら、あらかじめ室内に入れておいてもよい。

最低気温が5度以下になる前日までに室内に移動させる

室内管理の場所

室内に入れるタイミングが来る前に、室内管理する場所を確保

暖房などでかなりあたたかくなるところに多肉植物を置くと、季節感がずれて成長に影響を与えてしまうこともある。

我が家では、あまり暖房を使用せず、日中には窓を開けて換気を行う、2階の寝室の出窓へ。

窓際は、夜間に冷え込むのでよくないという意見もあったけど、我が家では全く問題は無かった。

日当たりの良い廊下や、おどり場がある場合は、そちらもおすすめ。

鉢皿と入れ物

室内管理中の移動や水やり後などに、万が一、土や水がこぼれてもよいように、

  • 大きい鉢は鉢皿
  • 小さい鉢はトレイなどの入れ物

を使用すると便利。

小さい鉢は、入れ物にぴったりと収まると、持ち運びで転倒しづらい。

私は、ニトリのカラーボックス用の入れ物(カラーボックス一段の半分の高さ)を使用。

日差しと風ををさえぎらない高さがよい。

暖房などを使用しない日当たりのと風通しのよい場所


▼愛用中の入れ物



▼気になる入れ物

まとめ

本格的な冬が来る前に、冬越しの準備。

備えておけば、急な冷え込みも安心。

  • 最低気温が5度以下になる前日までに室内に移動させる
  • 暖房などを使用しない日当たりのと風通しのよい場所