冬に弱い多肉植物の室内で冬越しする2つのポイント

多肉植物の冬越ー室内編ー

夏の終わりに多肉植物とサボテンを育てはじめて約3ヶ月半。

このたび、はじめて冬越しという大きな山場を迎えることに。

そこで、多肉植物超初心者でめんどくさがりの私でも無理なく出来そうな、簡単な冬越し方法をリサーチ。

 

室内で冬越しする多肉植物と屋外で冬越しする多肉植物

冬越しのことを考え始めたときは、多肉植物とサボテンは外では冬越し出来ないだろうから、室内への避難は必須と思っていた。

室内のスペースには限りがあったので、なんとか屋外でも冬越し出来る方法はないかリサーチ。

東京の寒さ程度であれば、屋外で冬越しが出来る多肉植物もありそうなので、室内と屋外に分けて冬越ししてみることに。

 

基本的に寒さに弱い多肉植物たちは、

  • ハオルチア属
  • カランコエ属
  • エケベリア属

 

以上のことから、我が家で室内へ避難させるのは、

  • ハオルチア属全て
  • カランコエ属寄せ植え3種
  • 師匠たちに"コレは寒さに弱いよー"と教えてもらったサボテン3種

に決定!!

 

室内に移動するタイミング

屋外で過ごせるうちはなるべく自然の寒さの中で過ごしたほうが寒さに強く、引き締まった多肉植物になるとの情報もあり。

霜が降りるころには室内に避難させようと、霜の降りる条件を調査。

最低気温が5度以下になると霜が降りる可能性があるとのこと。

 

天気予報で最低気温が5度以下になったら室内へ避難させようと、日々天気予報をチェック。

まだまだ暖かいなーと思っていたが、何日か前から急に朝晩の気温が下がり始め、天気予報で最低気温がいきなり4度を下回ったので、このタイミングで「室内で冬越し」と決めていた多肉植物とサボテンを室内に移動。

 

最低気温が5度以下になったら室内へ避難!!

 

室内の置き場所

暖房などであたたかくなるところに多肉植物を置いてしまうと、季節感がずれ、成長に良くないようなので、あまり暖房を使用せず、窓を開け換気も行う2階の寝室の出窓へ。

窓際は屋外と同様、夜間に冷え込むのでよくない、という意見もりましたが、窓際以外に置ける場所も無く、外より日当たりが良いこともあり、今回は窓際でお試し。

多肉植物とサボテンが寝室の加湿や空気清浄に一役買ってくれるかな?という期待もあり。

ご自宅に日当たりの良い廊下やおどり場がある場合はそちらがおすすめ。

 

暖房が当たらず日当たりの良い場所へ!!

 

室内に移動した様子

ハオルチア2

ハオルチア3

移動中や水やり後などに土や水がこぼれてもよいよう、大きい鉢は鉢皿にのせ、小さい鉢は【ニトリ】のカラーボックス用の入れ物にひとまとめ。

【ニトリ】のカラーボックス用の入れ物は、高さがカラーボックス一段の半分の高さなので、多肉植物への日差しをさえぎらずによい。

また、入れ物に鉢がぴったりと収まっていると、持ち運ぶ際、鉢の転倒心配がなく使い勝手がよい。

 

冬に強い多肉植物の冬越しはこちら。

冬に強い多肉植物の屋外で冬越しする3つのポイント
我が家は東京の片隅の市街地という土地柄、雪もほとんど降らず極寒にならない地域。 冬に強そうな多肉植物とサボテンは、屋外で冬越ししてみることを決断。 3つのポイントさえおさえれば、屋外でも無事冬を乗り越えられそう。 ...