屋外で冬越しする3つのポイント!寒さに強い多肉植物編

多肉植物の冬越ー屋外編ー

多肉植物超初心者が夏の終わりに多肉植物とサボテンを育てはじめて数ヶ月。

このたび、はじめての冬越しという山場を迎えることに。

多肉植物初心者で面倒くさがりの私でも無理なく出来そうな、簡単な冬越し方法をリサーチ。

寒さに強そうな多肉植物とサボテンは、思い切って屋外で冬越しすることに。

土を霜にあてない

  • 最低気温が5度以下のときは、霜に注意

我が家のある東京の都下の市街地では、冬でも雪はほとんど降らず、時折霜が降りる程度。

冬に強い多肉植物でも、土に霜が降りると、根が凍結し、解凍がうまくいかないと、葉や茎などがブヨブヨになってしまうので、霜を回避させなければならない

霜は「降りる」というように、空気中の水蒸気が降りてきて霜になるので、軒下は霜が降りにくい。

軒がある場合は、軒下に移動できるとよい。

軒がない場合は、ビニールハウスなどの対策も必要。

意外と知らない霜が降りるタイミング

一番の注意点は、霜が降りるのは気温が氷点下のときではないということ。

気温がおよそ5℃以下まで下がった朝、地面付近の温度は気温よりも数℃低い0℃以下となり、霜が降りることがある
引用:Wikipedia

室内で冬越しする2つのポイント!寒さに弱い多肉植物編でもふれたとおり、最低気温が5度以下になると、霜が降りる可能性がでてくる

多肉植物を凍らせない

  • 最低気温が氷点下のときは、凍結に注意

最低気温が氷点下になると、多肉植物自体が凍結することがあり、こちらも解凍がうまくいかないと、これも葉や茎などがブヨブヨになってしまうので、最低気温が氷点下になる可能性があるときには、冷気から葉や茎を守らなければならない

室内に避難場所がある場合は、

  1. 日没後、確保しておいたスペースに移動
  2. 朝、屋外か室内で日と外気に当てる

室内に避難場所がない場合は、

  1. ビニールハウスや発泡スチロールの保冷ケースなどの準備
  2. 日没後、ビニールハウスや保冷ケースを閉じる
  3. 朝、忘れずにビニールハウスや保冷ケースを開けて日と外気に当てる

という対処がおすすめ。

 

外気に当てないと、通気性が悪く、中が蒸され、根腐れのリスクがあるので、ビニールハウスや保冷ケースを使用する場合、日中は必ず外気に当てるように注意

また、棚になっているビニールハウスを使用するときは、風による転倒や、ハウス内での温度差に注意

冬の水やり頻度

  • 冬は水やりを控えて休眠させる

多くの多肉植物の場合、冬は休眠期なので、水やりは1ヶ月に一度くらいが目安。

水やりをするタイミングは、天気予報をチェックし、比較的暖かい晴れの日が数日続く1日目の午前中がおすすめ。

多肉植物の葉がカラカラに乾いていても、数日以内に雨が降りそうなときは、焦って水やりをしないよう注意。

 

水やりのときは、底穴から水が出てくる程、たっぷり水やりするとよい。

鉢の底穴から水がでてくるまで、たっぷり水やりをしてあげることにより、土の中の小さな虫やゴミ、雑菌も洗い流してくれる。

 

多肉植物
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス