【冬越し】寒さに強い多肉植物の屋外管理3つのポイント!

寒さに強い多肉植物の冬越し
スポンサーリンク

あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、冬の間はどう管理すればよいのか。

東京の冬という環境下での、寒さに強い多肉植物屋外での冬越し方法。

本格的な冬が来る前に、ポイントをおさえておきたい。

寒さに強い多肉植物

セダム寄せ植え

ひとくくりに多肉植物とはいっても、それぞれに個性があり、寒さに弱い多肉植物も強い多肉植物もある。

寒さに強い多肉植物の種類は、

  • ハオルシア属
  • セダム属
  • センベルビウム属
  • グラプトペタルム属

など。

実際に育てていて、特にセダム属寒さに強いと感じた。

【冬越し】寒さに弱い多肉植物の室内管理2つのポイント!
あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、冬の間はどう管理すればよいのか。 東京の冬と...

屋外管理の3つのポイント

霜

冬の間、寒さに強い多肉植物を屋外で管理するポイント。

霜にあてない

寒に強い多肉植物でも、は避けたほうがよい。

土に霜が降りると、根が凍結し、解凍がうまくいかないと、葉や茎がブヨブヨに。

前回記述したとおり、最低気温が5度以下になると、霜が降りる可能性がでてくる。

軒下

霜は「降りる」というように、空気中の水蒸気が降りてきて霜になる。

そのため、軒下は霜が降りにくいので、軒下に移動させるとよい。

カバー

避難場所がない場合や地植えの場合は、一時的に、

  • ダンボール
  • ビニール
  • ペットボトル
  • タッパー
  • 不織布

などをかぶせるのも有効。

通気のための穴を開けて使用する。

最低気温が5度以下に要注意

葉を凍らせない

最低気温が氷点下になると、多肉植物自体が凍結することがある。

凍結した後、多肉植物の解凍がうまくいかないと、やはり葉や茎がブヨブヨに。

最低気温が氷点下になると、葉や茎が凍る可能性が高くなる。

ビニールハウス

冷気を防ぐため、もちろんビニールハウスの使用も有効。

ビニールハウスを使用する場合は、

  • 日没後、ビニールを閉じる
  • 朝、ビニールを開けて外気にあてる

という対応がおすすめ。

ビニールで密閉したままにしておくと、通気性が悪く、中が蒸され、根腐れの元にもなるので要注意。

また、棚タイプのビニールハウスを使用するときは、鉢の転倒や、温度差に注意。

玄関や土間

夜間と明け方の冷気を避けるため、玄関や土間を一時的な避難場所にすることもできる。

玄関や土間に移動させる場合は、

  • 日没後、玄関や土間に移動
  • 朝、屋外で日光と外気に当てる

という対応がおすすめ。

最低気温が氷点下凍結に要注意


▼気になるビニールハウス

水やりは控える

水やり

冬が休眠期の多肉植物の場合、水やりは1ヶ月に一度くらいが目安。

天気予報をチェックし、比較的暖かくて、晴れの日が数日続く1日目の午前中に水やりをするのがおすすめ。

このときに、底穴から水が出てくるまで、たっぷり水やりすると、土の中の小さな虫やゴミや雑菌を洗い流してくれる。

冬が休眠期の多肉植物は、水やりを控える

まとめ

本格的な冬が来る前に、冬越しの準備。

備えておけば、急な冷え込みも安心。

  • 最低気温が5度以下に要注意
  • 最低気温が氷点下凍結に要注意
  • 冬が休眠期の多肉植物は、水やりを控える