【初心者必見】屋外での冬越し方法3つのポイント!寒さに強い多肉植物

寒さに強い多肉植物の冬越し

あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、東京での冬の管理はどうすればよいのか、本格的な冬が来る前に、しっかり冬越しポイントをおさえておきたい。

いろいろリサーチした結果、寒さに強い多肉植物は、冬の間も屋外のまま管理することに。

多肉植物を、冬に屋外で管理するときの3つのポイント!!

【初心者必見】室内での冬越し方法2つのポイント!寒さに弱い多肉植物
あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、東京での冬の管理はどうすればよいのか、本格的な冬が...
スポンサーリンク

ポイント1:土を霜にあてない

霜

寒さに強い多肉植物

大きく分けると、

  • ハオルシア属
  • セダム属
  • エケベリア属
  • セネシオ属

など。

土の霜対策

寒に強い多肉植物でも、霜は避けたほうがよい。土に霜が降りると、根が凍結し、解凍がうまくいかないと、葉や茎がブヨブヨに。

【初心者必見】室内での冬越し方法2つのポイント!寒さに弱い多肉植物でもふれたとおり、最低気温が5度以下になると、霜が降りる可能性がでてくる。

霜は「降りる」というように、空気中の水蒸気が降りてきて霜になるので、軒下は霜が降りにくい

そのため、軒がある場合は、軒下に移動させれば、霜対策となる。

軒がない場合は、以下と同様の対策が必要。

スポンサーリンク

ポイント2:多肉植物を凍らせない

セダム寄せ植え

最低気温が氷点下になると、多肉植物自体が凍結することがある。凍結した後、多肉植物の解凍がうまくいかないと、やはり、葉や茎がブヨブヨに。

そうならないため、最低気温が氷点下になりそうなときには、葉や茎を冷気から守る

冷気から守りつつも、日中は外気に当てないと、通気性が悪く中が蒸され、根腐れのリスクがあるので要注意。

室内に多肉植物を入れるスペースがある場合は、

  • 日没後、確保しておいたスペースに移動
  • 朝、屋外か室内で日と外気に当てる

という対処がおすすめ。

室内に多肉植物を入れるスペースがない場合は、

  • ビニールハウスや発泡スチロールの保冷ケースなどを準備
  • 日没後、ビニールハウスや保冷ケースを閉じる
  • 朝、忘れずにビニールハウスや保冷ケースを開けて日と外気に当てる

という対処がおすすめ。

棚タイプのビニールハウスを使用するときは、風による転倒や、ハウス内での温度差に注意。

▼気になるビニールハウス

スポンサーリンク

ポイント3:水やりを控える

水やり

冬が休眠期の多肉植物の場合、水やりは1ヶ月に一度くらいが目安。

天気予報をチェックし、比較的暖かく晴れの日が数日続く、1日目の午前中に水やりをするのがおすすめ。

水やりするときは、水が底穴から水が出てくる程、たっぷり水やりするとよい。

たっぷりの水が、土の中の小さな虫やゴミ、雑菌を洗い流してくれる。

スポンサーリンク

まとめ

本格的な冬が来る前に、冬越しの準備をしておけば、急な冷え込みも安心。

いつもはバタバタの私も、のんびり落ち着いて対処できて多肉植物たちも元気!!