秋になって開花した多肉植物!夏の終わりに水やり再開

秋になって開花した多肉植物

水やりを我慢していた真夏の間は、多肉植物になかなか変化が無く、せっかちな私にとっては、長ーい我慢の期間だった。

涼しくなりだしたころ、待ちに待った水やりを再開すると、みるみるうちに元気に成長。

暑い夏を乗り越え、になり開花した多肉植物たち!!

【初心者必見】多肉植物の基本の育て方の5つのポイント!理由を知れば対処が簡単
多肉植物初心者が、失敗した寄せ植えを植えなおすため、情報収集。 情報によって「手順」の記述がち...
スポンサーリンク

秋に開花した多肉植物

ハオルシア

ハオルチアの花

我が家のハオルシアの花は、おしとやかな白い花

資料で見た、ハオルシアの花は、上にむかってピーンとそびえ立っていたけど、我が家のハオルシアは、間延びしてしまったのか、花芽がかなり伸び、重みでか垂れ下がった状態で開花した。

ルビーネックレス

ルビーネックレスの花

ルビーネックレスの花は、紅葉した紫色にものすごく映える黄色い花

ルビーネックレスは、水のやりすぎや風通しの悪さに弱いという情報もあるけど、我が家のルビーネックレスは、水やりは気持ち多めのほうが元気。

マサイの矢尻

マサイの矢尻の花

名前にも葉の形にもインパクトがある、マサイの矢尻は個性的な花

マサイの矢尻は、夏の間に古い葉がポロポロと落ち、秋には新しい葉が育っていた。

スポンサーリンク

あたらしいなかま

寄せ植え

じーじサンタが、一足早く、茨城から持ってきてくれた寄せ植え。

鉢から飛び出す、ワイルドさに惚れ惚れ。

センペルビウム

センペルビウム

こちらもじーじサンタの、鉢いっぱいのセンペルビウム。

圧巻のセンペル丼センペルビウム丼

ヒボたん

ヒボたん

友人から誕生日プレゼントにもらった、見た目も名前もかわいい、ヒボたん。

タグをみると、「ヒボたん=緋牡丹」「柱サボテンを台木とした斑入りのサボテンとのこと基本的に繁殖せず、入手した株をそのまま楽しむためのサボテン」とのことなので、この状態をキープできるよう尽力。

神刀

神刀ベビー

ヒボたんと一緒にもらった、かわいいサイズの神刀

サボテン

立派なハオルチアとサボテン

こちらは、ばーばにもらったサボテンと多肉植物。

この多肉植物の根がかなり立派で大きく、鉢に入れるのが困難だったので、思い切って根をばっさりカット。

【初心者必見】多肉植物の育て方のポイント5つとその理由!失敗で学んだことで学んだとおり、根を乾かさなかったので、乾いた土で植え、数日立ってから水やりをした。

水やりをするまでは、多肉植物が重くてぐらぐらしていたけど、水やり後に安定。

どれも立派に育つ、ばーばの多肉植物、土は、花と野菜の土鹿沼土をブレンドして使用しているとのこと。

ばーばもじーじも「多肉がポロリと落ちたら、その辺に置いておけば、あっという間に大きくなるよ~」と教えてくれる。

私も落ちてしまった多肉を、土の上に置いてはみてるけれど、そのまま黒く枯れていく。

まだまだ修行が足りないのだろう。

スポンサーリンク

まとめ

ひとくくりに多肉植物といっても、種類がたくさんあり、秋に開花するものや、春に開花するもの、どちらも開花するものなど、様々。

毎日の観察で花芽をみつけるのも、多肉植物の楽しみ方のひとつになった!!