【失敗例】セダム丼&セダム畑の失敗原因とコツ!

見よう見まねでセダム丼とセダム畑
スポンサーリンク

成長が早くて育てやすいセダムは、面倒くさがりでせっかちな私好み。

そんなセダムの寄せ植えで作る、セダム丼セダム畑がSNSなどで話題に。

早速挑戦してみたけど、思いのほか上手くいかなかった、セダム丼とセダム畑の失敗例。

セダム丼の成長記録

セダム丼を、

  • 季節は
  • 場所は東京の都下
  • 日当たりは半日

とういう条件下で育てた成長記録。

10月4日

セダム寄せ植え

そこそこの日照でもグングンとよく成長した、ブリキの鉢に寄せ植えしたセダム

 

セダムカット

その中でも、よりいっぱい成長した2種類をカットして、セダム丼に挑戦。

 

セダム丼

器は、100均のセリアで購入した、ブリキトレイに。

一緒に目打ちを購入し、ブリキトレイの底に、水はけ用の穴をあけた。

穴をあけたブリキトレイに、多肉植物用の土を入れ、カットしたセダム2種類をバランスよく配置。

はやく根付くよう、仕上げに茎の下部が土にふれるよう調整して、準備完了。

後は成長を待つのみ。

11月28日(約1ヶ月半後)

セダム丼2

セダム丼に挑戦してから約1ヶ月半、各セダムは、多少根は張ったようだけど、葉が変色

上の写真撮影の後、鉢から土ごとひっくり返してみたところ、器の底に細かい根がぎっしり。

これが根詰まりというものか、といった状態だった。

学んだこと

短い期間でも、根がたっぷり張っていたのに対して、鉢が浅かったので、土も少なく、根を張る場所や水と栄養が足りなかった。

セダム丼にはしっかりと根が張れる土が必要


▼気になるセダム

セダム畑の成長記録

セダム畑を、

  • 季節は
  • 場所は東京の都下
  • 日当たりは半日

とういう条件下で育てた成長記録。

10月7日

セダム畑

午前中に少しだけしか日の当たらないミニ花壇で、セダム畑に挑戦。

園芸店で一鉢298円の元気で丈夫そうなセダムを、何鉢か購入。

面倒くさがりの私は、購入したセダムをパックから取り出し、そのまま置いてみた

こんな状態からセダムが花壇いっぱいになるのか、と思ったけど、とりあえず様子を見てみることに。

10月14日(1週間後)

一週間様子を見てみたけど、ほぼ変化なしだったので、せっかちな私は、セダムを一度回収し、植えなおし

 

セダム畑2

今度は花壇の土に、多肉植物用の土を少し混ぜて、固まっていたセダムをほぐし、根が土にふれるよう調整

11月28日(約1ヶ月半後)

植えなおした後は、ゆっくりではあるけど、根も張りセダム畑になりつつある。

学んだこと

セダムを購入したまま植えず、よくほぐしてから根を土にふれるようにすれば、根付くのが早い。

日当たりのよい花壇であれば、あっという間にセダム畑になりそう。

セダム畑で根付きやすくするために、植える前によくほぐす

まとめ

成長が早いはずのセダムが、休眠期以外で成長が止まっていたら、根詰まりしていないか、根をチェック。

細かい根がワサワサと伸びるセダムには、たっぷり根が張れる土壌が必要。

  • セダム丼には、しっかりと根が張れる土が必要
  • セダム畑で根付きやすくするために、植える前によくほぐす