【初心者必見】多肉植物の育て方のポイント5つとその理由!失敗で学んだこと

超初心者が失敗から学んだこと

自己流で多肉植物を寄せ植えして、見事失敗。

植えなおしのため、多肉植物の育て方を調べてみると、情報がいろいろすぎて、結局どうすればいいの?と困惑。

じっくり調べていると、大事なのは「育て方のポイント」だけでなく、「その理由」ということに気づいた。

多肉植物の育て方のポイント5つと、その理由をまとめてみた。

鉢の選び方

鉢

  • 多肉植物より、ほんの少しだけ大きい鉢
  • 水はけのよい、底穴のある鉢
  • 通気性のよい、素焼き鉢かスリット鉢

サイズ

鉢が大きい場合、しっかり根が張ってないと、水やり後に水が余り、根腐れの原因に

鉢が小さい場合、根が詰まり、大きくなれないこともある。

鉢のサイズは、多肉植物より、ほんの少しだけ大きい鉢がおすすめ

底穴

底穴がある鉢は、水はけがよく、管理しやすい

底穴がない場合、水やり後、底に溜まった水は、お米を研ぐときのように横から抜いておくと、根腐れ防止に。

深さ

深い鉢の場合、底石を鉢の1/3程度入れると、水はけがよくなる。

鉢皿

水やり後、鉢皿に溜まった水を捨てることも忘れずに。

素材

素材は、通気性のよい、素焼き鉢かスリット鉢がおすすめ

  • 素焼き【◎】
    通気性が良く、熱伝導性が低いので、日照などで熱くなりすぎない
  • テラコッタ【○】
    通気性は素焼きには劣るが、素焼きより目が細かいので保水性は高い
  • 木製【△】
    通気性は良いが、時が経つと劣化する
  • 陶器【△】
    底面通気はあまり良くなく、温度変化はゆっくり
  • プラスチック【△】
    通気性が悪く、熱がこもりやすい
  • ブリキ【×】
    通気性が悪く、熱伝導性が高く日照などで熱くなりやすい
  • コンクリート△【】
    ものによっては、水に濡れるとアルカリ成分が溶け出し、植物に影響すこともある

スリット鉢

一番使いやすかったのは、サイズも豊富なスリット鉢

スリット鉢とは、タニラーに人気のプラスチック鉢で、

  • 鉢の側面に入っているスリットにより、水はけや通気性がよくなっている
  • スリットから入る光が入ることにより、根が迷子になり詰まってしまう、サークリング現象というのを防いでくれる

という、かなりの優れもの。

小さい鉢として、セリアのそのままポットを使用していたが、紙製のため水やり後に溶けてしまいそうだったので交換。

楽天では、スリット鉢の2号(直径6センチ)という、小さいサイズも売っていた。

土の選び方

土

  • 市販の多肉植物用の土

土のことで、大型園芸店の多肉植物担当の店員さんに相談。

「無理に配合せずに、多肉植物用の土を使うのがよい」と的確なアドバイスをもらった。

  • 水はけよく根腐れを起こしにくい
  • 余計な肥料が入っていないので、肥料やけをしない

という特徴がある、多肉植物用の土を使うと、失敗しにくい

寄せ植えの組み合わせ

セダム寄せ植え

  • 好む環境が似ている多肉植物を組み合わせる
  • うまくいかない場合は、個々で植えてみる

ひとくくりに多肉植物といっても、

  • 水やりのペース
  • 好む日照の量
  • 雨や雪の対処
  • 冬の管理

は、それぞれ異なる。

寄せ植えするときに、あまりに違う多肉植物を組み合わせると、管理が難しくなる

多肉植物の好む環境を知り、似ている多肉植物同士を組み合わせるのがおすすめ

 

また、多肉植物を育てる中で実感したのは、寄せ植えは難易度が高く、個別で植えたほうが状態が安定しやすいということ。

なかなかうまくいかない場合は、環境に慣らすため、一度、個別で育ててから、寄せ植えすると、失敗しにくい。

水やりのタイミング

水やり

  • 基本は、しっかり乾燥させ、たっぷり水やり

基本の水やり

日数で決めるよりも、多肉植物と土の状態や前後の天気をみて、よく乾いたところに、たっぷりと水やりをするのが基本

土を見ても、見極めが難しいときは、葉を見るとわかりやすい

葉が、普段に比べて縮こまってる場合は、水分が減り乾燥気味の合図

葉に多くの水分が含まれている多肉植物は、水が多すぎると、根腐れのリスクがある。

多少水やりが遅れても、すぐには枯れないので、見極めが難しいときは、焦らず、一足遅いくらいのタイミングでよい

季節ごとの水やり

  • 春と秋
    成長期でたくさん水を必要とするので比較的多めに

  • 休眠期で成長がストップするので、乾燥させて冬眠させる

  • あげた水が鉢の中でお湯になってしまうような暑い日は、水あげをなるべく控えて休ませる

寄せ植え・植え替え・株分け後の水やり

寄せ植え・植え替え・株分けは、カットした葉や根に細菌が繁殖しないよう、なるべく多肉植物が乾燥した状態で行う

  • 根や茎のカットしなかった場合
    寄せ植えした後、たっぷり水やり
  • 根や茎をカット後、乾燥させた場合
    寄せ植えした後、たっぷり水やり
  • 根や茎をカット後、乾燥させなかった場合
    乾いた土で寄せ植え後、水やりをせず、数日かけてしっかり乾燥させてから、たっぷり水やり

育てやすい環境

太陽

  • 頻繁に環境を変えない

置き場所がコロコロ変わると、植物のストレスとなり、弱りやすくなる。

同じ環境で育て続ければ、多肉植物も、その環境に順応していく

また、我が家のように、日当たりが悪い場合、日照による水の蒸発が遅いので、水はけを促進させるため、風通しも重要

まとめ

「育て方のポイント」だけ知っていても、「その理由」を知らないと、対処に困る。

理由さえわかっていれば、状況に応じて対処ができる。

「育て方のポイント」と「その理由」もセットで知っておくことで、失敗しらずに。

 

多肉植物
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス