【冬越し】100均の材料でビニールハウスの代用品!

ダイソー 冬越しアイテム100均で買える
スポンサーリンク

ビニールハウスが無い我が家で、屋外で多肉植物が冬を越す方法を考えた。

ポイントは、冷気から守りつつ、換気もできること。

そこで考えついた、100均の商品を活用して、多肉植物を冷気から守る方法。

ビニールハウス代用品の条件

多肉植物が、

  • 霜にあたりそう
  • 凍りそう

なときには、対策が必要。

【冬越し】寒さに強い多肉植物の屋外管理3つのポイント!
あたたかい季節を好むイメージが強い多肉植物だけど、冬の間はどう管理すればよいのか。 東京の冬と...

上記のときに、

  • 冷気から守る
  • 換気ができる
  • お安い

装備を準備したい。

材料探し

まずはダイソーで、断熱効果のありそうな、発泡スチロール製の保冷ボックスを探索。

350ml缶6本分の小さな保冷ボックスが200円で販売中だった。

小さい鉢が数個入る程度のサイズだったので、何個も準備すると、割高だしスペースも必要だし、大きい鉢は入らないのでNG

魚屋で余っている保冷ボックスをいただくことも考えたけど、鮮魚のにおいを想像して、これもNG

悩んでいたところ、旦那さんが、

「家にあるダンボール箱に、板状の発泡スチロールを重敷いたらどお?」

というナイスアイデア。

シルバーマットプチプチでもよさそう。

その箱に、不織布でフタをして、上からの冷気を緩和させつつ、換気することに決定。

冷気から守りつつ換気をする板状の発泡スチロールと不織布を活用した箱

冬越し装備のDIYレシピ

100均アイテム

材料と道具を準備して、レッツDIY。

材料

  • ダンボール(家にあった)
  • 板状の発泡スチロール(ダイソー)
  • 不織布(ダイソー)

道具

  • カッター
  • はさみ

簡単DIY

  • ダンボールのふた部分は中に織り込むかカット
  • 底と側面に板状の発泡スチロールを配置
  • 鉢を中に入れる
  • 夜は冷気緩和のため不織布を被せ、日中は換気のため不織布をはずす


▼気になるビニールハウス

まとめ

我が家は東京の市街地なので、この程度の冬支度で十分。

もっと寒い地域では、さらに手厚い冬支度が必要となる。

  • 冷気から守りつつ換気をする板状の発泡スチロールと不織布を活用した箱