【失敗例】多肉植物の寄せ植えの3つの失敗原因!

多肉植物初心者の寄せ植えの失敗
スポンサーリンク

多肉植物を株分けしてもらったのをきっかけに、多肉植物を育ててみることに。

子株を寄せ植えてみたところ、仕上がりの状態はいまいち。

原因を探ってみると、「鉢のサイズ」「土の種類」「組み合わせ」が失敗原因とわかった。

はじめての寄せ植え

庭

茨城に住むのじーじの家には、多肉植物やサボテンがいっぱい。

すっかり魅了された私に、多肉の子株とサボテンの子株を分けてくれた。

東京に持ち帰り、教えてもらったとおり、雑菌の繁殖を防ぐため水気がなくなるまで乾燥

数日乾燥させているうちに、その後の教えをすっかり忘れ、やむをえず、我流で適当に寄せ植えてみた。

なんとか仕上がり、数日様子を見てみると、いつまでも土がベチャベチャ

お店や写真でみるようなステキな多肉植物には程遠かった。

寄せ植えの3つの失敗原因

多肉植物の子株

多肉植物の寄せ植えについていろいろと調べたり、植え直しをしてみて、失敗原因を特定。

大きすぎる鉢

鉢

自宅にあった大きい鉢に、ポツリポツリとまばらに寄せ植えた。


大きい鉢に対して、多肉植物が少なかったので、水をあげた後の給水しきれない水が余り、いつまでも土がベチャベチャしていた。


多肉植物が少ない場合や小さい場合は、鉢も小さめにする。

大きい鉢を使用する場合は、多肉植物をぎっしり植えると良い。

多肉植物に対して大きすぎる鉢NG


▼愛用中のスリット鉢

水はけの悪い土

土

近所のダイソーにあった園芸用の土を使用。


土が細かく粉っぽかったので、水はけが悪かった


園芸用の土を使用する場合は、赤玉土鹿沼土などをブレンドして、水はけをよくする。

水はけがよい、多肉植物用の土が無難。

水はけの悪い土NG


▼愛用中の土

好む環境が異なる種類の寄せ植え

失敗した寄せ植え

パッと見で色味でグループ分けをして、寄せ植えた。


同じ鉢の中でも、元気な多肉元気のない多肉があった。


ひとくくりに多肉植物といっても、種類により好む環境が違うので、好みが近いもの同士を組み合わせると育てやすい。

好む環境が異なる種類の寄せ植えNG


▼気になる多肉植物の本

まとめ

簡単そうにみえた多肉植物だったけど、実際にやってみると最低限の知識は必要だった。

また、寄せ植えは単体で育てるより難易度が高いと感じた。

  • 多肉植物に対して大きすぎる鉢NG
  • 水はけの悪い土NG
  • 好む環境が異なる種類の寄せ植えNG