【まとめ】ハオルシア(ハオルチア)の育て方3つのポイント!

多肉植物初心者必見 ハオルシアの育て方
スポンサーリンク

憧れのハオルシア(ハオルチア)を株分けしてもらい、子株を植えてみた。

なかなか成長がみられなかったので、様子を見ながら何度も植えなおし。

そして、軟葉系ハオルシアを育てるポイントは、「」「水やり」「日差し」だと気づいた。

ハオルシアの種類

ハオルシアは、大きく分けると軟葉系硬葉系に分けられる。

軟葉系とは

葉が柔らかく、透きとおっているハオルシアで、

  • オブツーサ
  • シンビフォルミス
  • クーペリー

など。

硬葉系とは

葉が硬く、シュッとしたハオルシアで、

  • 十二の巻
  • 十二の爪

など。

軟葉系ハオルシアの育て方のポイント

いろいろと試してわかった、軟葉系ハオルシアの育て方の3つのポイント。

適した鉢のサイズ

ハオルシア(ハオルチア)

はじめてハオルシアを植えたときは、大きく成長したらまた植え替えるのが面倒くさいと思い、欲張り、かなり大きめの鉢に植えた。

その後、大きすぎる鉢は水が余り適さない、と学んだので、ハルオシアよりもひとまわり大きいくらいの鉢に植えなおし。

それでも、まだ水が余っている様子だったので、今度はハルオシアと同じくらいのサイズの鉢に植えなおし。

すると、ハルオシアと水のバランスがよくなり、水やり後の土の乾きがよくなった

軟葉系ハルオシア同じくらいのサイズの鉢がベスト

小さい鉢

ハオルシアの子株には、かなり小さい鉢を準備。

小さい鉢には、サイズが豊富で通気性が良いスリット鉢がおすすめ。

▼愛用中のスリット鉢


小さい鉢は、水の勢いや強風で、転倒しやすいので、カゴなどの入れ物に入れておくと安心。

【簡単DIY】100均の材料4つで作る通気性の良いカゴ!
子株などの小さい多肉植物に使用する極小の鉢は、安定感が無く、水の勢いや強風で転倒しやすい。 そ...

水やりの頻度

水やり

水やりの頻度に注目してみると、土が乾いていてもすぐに水やりをせず、少し間をおいてから水やりをしてみると、葉のふくらみが良い。

軟葉系ハオルシアは、葉に特に多く水を含むため、ひかえめな水やりが適している様子。

夏と冬は休眠期になので、屋外で育てている場合は、水やりをさらに控える。

軟葉系ハルオシアには、ひかえめな水やりがベスト

日差しの加減

ハオルシア(ハオルチア)

日当たりを好むことが多い多肉植物だけど、軟葉系ハルオシアは、強い日差しが苦手

我が家の庭は、日当たりが悪く、正午前後に少し日が当たる程度。

それでも、快晴が続くと葉の色が薄くなり、元気も無くなってきた。

そこで、正午前後の強い日差しが当たる南側から、午前中のやさしい日差しが当たる東側へ移動させてみたところ、色も濃く戻り、元気に。

軟葉系ハオルシアは、短時間でも、強い日差しは苦手な様子。

軟葉系ハルオシアは、短時間でも強い日差しは苦手


▼成長中のハオルシア

まとめ

育て方のポイントが、他の多肉植物とは少し異なった、軟葉系ハオルシア。

多肉植物を育てるには、その個性も知っておくことも大切だと学んだ。

  • 軟葉系ハルオシア同じくらいのサイズの鉢がベスト
  • 軟葉系ハルオシアには、ひかえめな水やりがベスト
  • 軟葉系ハルオシアは、短時間でも強い日差しは苦手