【まとめ】多肉植物の基本の育て方5つのポイント!

多肉植物初心者必見 基本の育て方
スポンサーリンク

多肉植物の育て方の情報収集してみると、情報により記述が異なるように思えて困惑。

よくわからなくなってしまったので、様子を見ながら何度も植えなおし。

そして、多肉植物を育てるポイントは、「」「」「水やり」「環境」「組み合わせ」だと気づいた。

基本の育て方の5つのポイント

多肉植物

いろいろと試してわかった、多肉植物の育て方の5つのポイント

鉢の選び方

鉢

サイズと深さ

多肉植物に対して、少し大きいくらいで、深すぎず浅すぎないのがベスト。

大きい・深い

多肉植物に対して土が多い


根があまり張っていない状態だと、水の蓄え量が多すぎて、水やり後に水が余る

そのままにしておくと根腐れの原因にも。

深い鉢を利用する場合は、鉢の1/3程度に底石を入れておくと、水はけが良い。

小さい・浅い

多肉植物に対して土が足りない


根を張る場所が十分に無く水や栄養も不足する。

そのままにしておくと根詰まりをおこし、成長できないことも。

多肉植物に対して少し大きいくらいのサイズの鉢

底穴と鉢皿

底穴があると、水やり後の水はけが良く、管理しやすい。

水やりのときに、細菌や小さなゴミも洗い流せるので便利。

水やり後、

  • 底穴がない場合は、底に溜まった水をお米を研ぐときのように横から抜く
  • 鉢皿を使う場合は、鉢皿に溜まった水をまめに捨てる

と根腐れ防止に。

素材

それぞれの素材の特徴は、以下のとおり。

素焼き【◎】

通気性が良く、熱伝導性が低いので、日照などで熱くなりすぎない。

テラコッタ【○】

通気性は素焼きには劣るけど、素焼きより目が細かいので保水性は高い。

木製【△】

通気性は良いけど、時が経つと劣化する。

陶器【△】

底面通気はあまり良くなく、温度変化はゆっくり。

プラスチック【△】

通気性が悪く、熱がこもりやすい。

ブリキ【×】

通気性が悪く、熱伝導性が高く日照などで熱くなりやすい。

コンクリート【△】

ものによっては、水に濡れるとアルカリ成分が溶け出してしまい、植物に影響すこともある。

 

実際に使い勝手がよかったのは、通気性がよい素焼きの鉢か、プラスチックのスリット鉢だった。

スリット鉢は、

  • 水はけ通気性がよい
  • スリットから光が入り、サークリング現象(伸びた根が迷子になり詰まる)の防止になる

という特徴がるタニラーに人気の鉢。

2号(直径6センチ)という極小のサイズもあるので、株分けにも大活躍。

楽天で購入できた。


▼愛用中のスリット鉢

土の選び方

土

園芸用の土と、赤玉土鹿沼土などをブレンドして、水はけのよい土を使用する。

多肉植物用の土を使用すれば、間違いない。

多肉植物用の土は、

  • 水はけがよく根腐れを起こしにくい
  • 余計な肥料が入っていないので、肥料やけをしない

という特徴があるので、安心して使用できる。

水はけがよく余計な肥料が含まれない多肉植物用の土


▼愛用中の土

水やりの頻度

水やり

水やりは、よく乾いたところに、たっぷりと水をあげるのが基本。

水やりタイミングは、日数で決めるよりも、葉と土の状態前後の天気をみて決める。

土がカラカラに乾いていたり、葉がいつもよりも縮こまっていたら乾燥の合図。

見極めが難しいときは、少し遅いくらいのタイミングで水やり。

葉に多くの水分が含まれている多肉植物の場合、少しくらい水やりが遅れても、すぐには枯れないので焦らずで大丈夫。

水が多すぎて、根腐れをおこしてしまうほうが危険。

少し遅くらいのタイミングで、たっぷりと水やり

季節ごとの加減

多肉植物の種類によって異なる成長期や休眠期にあわせたり、季節ごとに水やりを加減。

春と秋が成長期の多肉

たくさん水を必要とするので、比較的多めの水やり。

冬が休眠期の多肉

成長がストップするので、乾燥させて冬眠させる。

夏の暑い日

あげた水が鉢の中でお湯になってしまうような暑い日は、水やりを控えて休ませる。

乾燥がひどい場合は、気温の下がる夕方に水やり。

寄せ植え・植え替え・株分け後

寄せ植え・植え替え・株分けは、カットした葉や根に細菌が繁殖しないよう、注意が必要。

根や茎のカットなし

寄せ植えした後、たっぷり水やり。

根や茎をカット→植える前に乾燥

寄せ植えした後、たっぷり水やり。

根や茎をカット→植える前に乾燥させてない

乾いた土で寄せ植え後、水やりをせず、しっかり乾燥させた後、たっぷり水やり。

▼気になる水さし

育てる環境

太陽

日当たり量の好みは多肉植物の種類により違うけど、どの種類にも風通しは必須。

また、管理する場所をコロコロ変えると、植物のストレスとなり、弱りやすくなる。

かなり劣悪な環境でなければ、同じ場所で育て続ければ、植物がその環境に順応もしていく。

場所をコロコロ変えずに、風通しの良いところで管理


▼気になる多肉植物の本

寄せ植えの組み合わせ

セダム寄せ植え

ひとくくりに多肉植物といっても、

  • 水やりのペース
  • 好む日照の量
  • の対処方法
  • の管理方法

は、それぞれ違う。

寄せ植えするときに、好む環境が似ている多肉植物を組み合わせると管理しやすい。

寄せ植えがうまくいかなかった場合、一度個別で育て、再度寄せ植えしてみると、うまくいくこともある。

好む環境が、似ている多肉植物同士で寄せ植え

まとめ

各ポイントの、理由も理解しておくと、臨機応変に対処ができる。

種類によっては、多少異なるところもあるので、注意が必要。

  • 多肉植物に対して少し大きいくらいのサイズの鉢
  • 水はけがよく余計な肥料が含まれない多肉植物用の土
  • 少し遅くらいのタイミングで、たっぷりと水やり
  • 場所をコロコロ変えずに、風通しの良いところで管理
  • 好む環境が、似ている多肉植物同士で寄せ植え