【超簡単】キャンプで炊きたてご飯!子供とできる水の量と炊き方

ファミリーキャンプで子供と簡単にできるご飯の炊き方

ファミリーキャンプでご飯を炊くのは、難しそうだし面倒くさい

と、長年避けていた炊飯だったけど、自然の中炊きたての白米を食べたくなった。

やってみたら、子供と一緒にできるほど簡単で、ご飯のおいしさに一同感動!!

【保存版】ファミリーキャンプが面倒くさい6つの理由!今すぐできる対策は?
家族で楽しめるファミリーキャンプだけど、面倒なことも多く、帰宅後はぐったり。 こんなことなら、...
スポンサーリンク

ファミリーキャンプでの炊飯は面倒?

米

ファミリーキャンプでご飯を炊くのは、難しそうだし面倒くさいと思い込んでいた。

そのため、キャンプで白米を食べるときは、コンビニやスーパーのおにぎりや、パックのご飯(サトウのご飯みたいなもの)を持参し、長年避けていた炊飯。

でも、ついにキャンプで炊きたての白米を食べてみたくなってしまった。

ご飯の炊き方をリサーチしてみると、

  • 道具
  • 計量
  • 火加減
  • 時間

など、やはり手間がかかりそう。

面倒なことはやりたくないけど、炊きたての白米は食べたいので、我が家流でアバウトにご飯を炊いてみたところ、大成功。

スポンサーリンク

子供と一緒にできるご飯の炊き方

snow peak トレック

道具

準備するものは、

  • ふたができる鍋

があればよい。

鍋はふたができれば、なんでもオッケーだけど、ふたが重いと炊飯しやすい。

▼愛用中のクッカー



▼愛用中のバーナー

計量

計量は、

  • 米と水をほぼ同量にする

というどんぶり計量。

キャンプ中に何合とか何mlという軽量は面倒なので、我が家は鍋のふたで、米と水をほぼ同量にした

正確には、水に浸した米同量になるのがベストなので、少し水を多めにしてもよい。

家で米を準備するときに、あらかじめ計量しておくと、キャンプの手間の軽減に。

小さい子供も一緒に計量できるので、あえて現地で楽しむのもあり。

炊飯

炊飯は、

  • できれば、約60分水に浸す
  • 沸騰したら、弱火で約15分~20分加熱
  • できれば、約10分蒸らす

というのが目標。

はじめちょろちょろなかぱっぱ説や、中火で炊く説もあるけど、一度沸騰させたあと、水の音がしなくなり乾いた音になるまで弱火で加熱

弱火加熱の目安は、約15分~20分。

よくわからなければ、ふたを開けてみても大丈夫。

まだ水が残っていたら、弱火で再加熱

仕上がりが固い場合は、よく蒸らしたり、水を少し足して追い炊きで対処できる。

水に浸す工程や、最後に蒸らす工程もはぶいてみたり、かなりアバウトにやっているけど、いまのところ、失敗なし。

火傷に気をつけられる小学校高学年くらいの子供なら、火の番をおまかせ。

小さい子供は一緒に水の音をチェック

注意点

snow peak トレック

軽いふただと、沸騰したときに浮きあがってしまうので、ふたが軽い場合は、おもりになるものが必要

おこげもおいしいけど、焦げがひどく手入れが大変だったので、焦げに気をつけるか、フッ素加工のクッカーが便利。

炊飯用のクッカーもある。

▼気になるクッカー(炊飯用)

スポンサーリンク

まとめ

キャンプの炊飯、アバウトにやってみたけど、いまのところ、失敗なし。

キャンプで食べる炊きたてのご飯は、最高においしい!!