ファミリーキャンプでやめてよかった3つのこと!のんびり過ごすためのコツ

ファミリーキャンプでやめてよかったこと

のんびりするために行ったファミリーキャンプなのに、ずっとバタバタしていて、全然のんびりできない

そんなキャンプの打開策として、3つのことをやめてみた

荷物もやることも減り、出発準備や帰宅後の片付けも楽になって、のんびり!!

【保存版】ファミリーキャンプが面倒くさい6つの理由!今すぐできる対策は?
家族で楽しめるファミリーキャンプだけど、面倒なことも多く、帰宅後はぐったり。 こんなことなら、...
スポンサーリンク

バーベキューをやめた

使用後の炭

みんな大好きバーベキュー。

キャンプ初心者の頃は、キャンプといえばバーベキューと思い込み、行くたびにバーベキューをしていた。

キャンプの回数を重ねていくうちに、バーベキューは毎回やらなくてもよいと気づいた。

バーベキューを荷物が少ないデイキャンプのときや、ゆっくり連泊するときに限定してみたところ、荷物や手間が減り、のんびりする時間が増えた。

また、自然の中で、フライパンで焼いたお肉を食べるだけでも、十分おいしい

バーベキューの回数が減ったことにより、炭の買い足し頻度も減って、節約にもなった。

スポンサーリンク

キャンプ料理をやめた

目玉焼き

キャンプ初心者の頃は、キャンプ料理がんばり過ぎていた。

具体的には、

  • せっかくのキャンプだから、じっくり煮込み料理
  • しっかり食べないといけないから、食材をいっぱい持って

など。

でも、自然の中で、手抜きごはんでも、十分おいしい

手抜きごはんにおすすめなのは、

  • カット野菜や、ゆで卵ハムなどをパンにはさんで
  • 焼いたお肉と、コンビニやスーパーで買ったおにぎり
  • そばうどんをゆでるだけ
  • カップラーメンレトルトを持参

など。

いつもの自宅で食べているものでも、キャンプで食べるとまた格別。

スポンサーリンク

大きいテントをやめた

テント

キャンプ初心者の頃は、広々としたテントの中でのんびり過ごしたい、と思って、大きいテントを購入。

実際使用してみると、テントが大きくてよかったー、と思ったのは、テントを持たない友人とキャンプに行ったときだけ。

基本的には家族でしか使用しないキャンプでは、テントの中でのんびり過ごすこともなく、大きいテントは不要だった。

しかも、大きいテントは、設営や撤収、帰宅後の手入れ、保管など、いろいろと大変だったので、荷物が置けて眠れる、という最低限のサイズの軽量コンパクトなテントに買い替え。

すると、設営や撤収、帰宅後の手入れ、保管も、すべてがびっくりするほど楽になった。

雨天時

軽量コンパクトなテントの場合、タープの中テントの設営ができる

そうしておくと、雨天時に便利

設営は、サッとタープを設営し、あとからのんびりタープの中でテントの設営ができる。

撤収のときは、少しづつのんびりテントを撤収し、最後にサッとタープを撤収できる。

雨具防寒着の準備は忘れずに。

スポンサーリンク

まとめ

気づけば、自分で自分の首をしめていた面倒なルール。ファミリーキャンプだからといって、気合が入りすぎていた。

のんびりするコツは、手抜きをすること!!