【初心者必見】バンガローやコテージ選びで失敗しないコツ!チェックするべき8つの設備

はじめてのバンガローやコテージでチェックする項目

初心者や赤ちゃん連れ、小さい子連れ、真夏や真冬でも、簡単にキャンプが楽しめる、バンガロー泊コテージ泊

自分に合ったバンガローをみつけるために、その設備をしっかりチェック。

快適なバンガロー探しのために、チェックするべき8つの設備!!

【保存版】ファミリーキャンプが面倒くさい6つの理由!今すぐできる対策は?
家族で楽しめるファミリーキャンプだけど、面倒なことも多く、帰宅後はぐったり。 こんなことなら、...
スポンサーリンク

バンガローやコテージ選びでチェックするべき設備

バンガロー

気になるバンガローやコテージがあるキャンプ場の公式ウェブサイト(ホームページ)などで、チェック。

事前にチェックしておけば、到着してから困ったり、余計な荷物を持っていかずに済む

レビューやブログは、情報が古いこともあるので要注意

1:キッチン

簡易キッチンが設備されているところもある。

キッチン設備も、

  • 水場
  • 給湯器(お湯)
  • 調理器具
  • コンロ
  • 冷蔵庫
  • 調理器具

など、細かい部分は場所によって異なるので、要確認。

2:トイレ

赤ちゃん小さい子供がいるファミリーにおすすめの、トイレ付き施設。

トイレトレーニング中の子供がいても安心。

トイレが無い場合は、トイレの近くのバンガローを予約できることもあるので、要確認。

3:シャワー

施設には付いていなくても、共同シャワーがあるところが多い。

4:冷暖房(エアコンなど)

赤ちゃんや小さい子供がいるファミリーにありがたい、冷暖房付き。

真冬の氷点下真夏の熱帯夜のときでも安心。

5:AC電源

AC電源は、装備されていることが多い

冷暖房が無くても、AC電源が使えれば、ヒーター扇風機持参して使用することも可能。

赤ちゃんや小さい子供が一緒の場合におすすめ。

6:照明

室内の照明は、装備されていることが多い

装備されていない場合は、LEDライトなどを持参する必要がある。

また、屋外の照明は、出入り口が明るくなる程度のことが多いので、夜も屋外で楽しみたい場合は、メインのランタンは持参するのがおすすめ。

7:BBQ台とテーブルと椅子

BBQ台や、屋外用のテーブルと椅子が設置されているところもある。

レンタル品のため使用料は別、という場合もあるので要注意。

室内でものんびり過ごしたい場合は、室内で使えるミニテーブルがあると便利。

8:駐車スペース

テント泊ほどではなくても、そこそこの荷物があれば、バンガロー付近に駐車スペースがあると楽

駐車スペースはなくても、荷物の上げ下ろしのための横付けはオッケー、というところもある。

駐車場が完全に離れている場合は、荷物の運搬のことを考えておく必要がある。

スポンサーリンク

バンガローとコテージ

バンガロー

キャンプ場などに併設されている宿泊小屋は、バンガローやコテージ、ログハウス、トレーラーハウス、パオ、キャビン、ケビン、ロッジ、ヒュッテなど、呼び名は様々。

キャンプ場の場合、バンガローコテージが併設されていることが多い。

バンガローとコテージの違い

バンガロー

簡易的な小屋で、キッチン、トイレ、シャワー、寝具、冷暖房が備わっていないことが多い。

テントの代わりに小屋に泊まるというイメージ。

コテージ

貸し別荘のような施設で、キッチン、トイレ、シャワー、寝具、冷暖房が備わっていることが多い。

大きいコテージになると、部屋が複数あるところもある。

バンガローとコテージのメリットデメリット

メリット

テントの設営・撤収がはぶける

テントの設営や撤収がないバンガロー泊は、

  • テント購入前だけどキャンプがしたい
  • 夏や冬のテント泊は不安
  • 小さい子供がいて、テントの設営・撤収時にバタつく
  • テントの設営・撤収が苦手
  • テントの設営・撤収でバタバタせずのんびり過ごしたい
  • テントの設営・撤収がとにかく面倒

という方でも気軽にキャンプできる。

寒さと暑さの軽減

テント泊に比べて、暑さと寒さの軽減が期待できるので、

  • 体温調節が苦手な、小さい子供がいる
  • 寒いのは苦手だけど、冬もキャンプがしたい
  • 暑いのが苦手でテントで眠れない

という方にもおすすめ。

荷物の軽減

テント泊より、確実に荷物を減らすことができる。

デメリット

めったにないけど、バンガローやコテージの中や備品が、手入れされていないと、微妙

行った人のレビューなどもよくチェックしておくとよい。

スポンサーリンク

まとめ

テント泊でがんばりすぎて、キャンプ後に体調を崩してしまうのは残念。

真夏や真冬も、無理なく楽しいキャンプができるバンガロー泊が便利!!