【初心者必見】失敗しないバンガローの選び方!知っておくべきバンガローのこと

初心者必見!! 失敗しないバンガロー選び

初心者、赤ちゃん連れ、小さい子連れでも、比較的簡単にキャンプができるバンガロー。

自分に合ったバンガローをみつけるためには、その設備をしっかりチェックしておくとよい

事前のリサーチで、快適なキャンプを!!

バンガローとコテージの違い

キャンプ場などに併設されている宿泊小屋は、バンガローやコテージといわれることが多い。

バンガロー

簡易的な小屋で、キッチン、トイレ、シャワー、寝具、冷暖房が備わっていないことが多い。

テントの代わりに小屋に泊まるというイメージ。

コテージ

貸し別荘のような施設で、キッチン、トイレ、シャワー、寝具、冷暖房が備わっていることが多い。

部屋が複数あるところもある。

そのほかにも、ログハウス、トレーラーハウス、パオ、キャビン、ケビン、ロッジ、ヒュッテなど様々な宿泊施設がある。

以下では、そういった宿泊施設をバンガローと総称。

バンガローのメリットデメリット

メリット

テントの設営・撤収がはぶける

テントの設営や撤収がないバンガロー泊は、

  • テント購入前だけどキャンプがしたい
  • 夏や冬のテント泊は不安
  • 小さい子供がいて、テントの設営・撤収時にバタつく
  • テントの設営・撤収が苦手
  • テントの設営・撤収でバタバタせずのんびり過ごしたい
  • テントの設営・撤収がとにかく面倒

という方でも気軽にキャンプできる。

寒さと暑さの軽減

テント泊に比べて、暑さと寒さの軽減が期待できるので、

  • 体温調節が苦手な、小さい子供がいる
  • 寒いのは苦手だけど、冬もキャンプがしたい
  • 暑いのが苦手でテントで眠れない

という方にもおすすめ。

荷物の軽減

テント泊より、確実に荷物を減らすことができる。

デメリット

めったにないが、バンガローや備品が、手入れされていないことがあった。

レビューをよくチェックしておくとよい。

バンガローの設備

事前に設備のリサーチをしておけば、到着してから困ったり、バタバタせずに済む。

キャンプ場に直接問い合わせたり、レビューやブログでリサーチ。

キッチンの有無

簡易キッチンが装備されているところもある。

キッチンがあっても、

  • 水場のみ(他の設備はなし)
  • 給湯器の有無(お湯の有無)
  • 調理器具の有無
  • コンロの有無
  • 冷蔵庫の有無
  • 調理器具の有無

など、細かい設備は場所により異なるので、要確認。

トイレの有無

赤ちゃんや小さい子供がいるファミリーにおすすめの、トイレ付き。

トイレトレーニング中の子供にも大助かり

また、トイレが無くても、トイレの近くのバンガローを予約できることもあるので、要確認。

シャワーの有無

バンガローには付いていなくても、共同シャワーがあるところが多い。

冷暖房(エアコンなど)の有無

赤ちゃんや小さい子供がいるファミリーにありがたい、冷暖房付き。

真冬の氷点下、真夏の熱帯夜のときでも安心

AC電源電源の有無

AC電源は装備されていることが多い

冷暖房が無くても、AC電源が使えれば、ヒーターや扇風機を持参して使用することも可能

赤ちゃんや小さい子供が一緒の場合は、ぜひ活用したい。

室内の照明の有無

室内の照明は装備されていることが多い

もし装備されていなければ、LEDライトを持参すると便利

屋外の照明の有無

屋外の照明は、出入り口が明るくなる程度のことが多い

夜も屋外で楽しみたい場合は、屋外の照明があっても、メインのランタンは持参するのがおすすめ

BBQ台の有無

BBQ台が装備されているところもある。

レンタル品として使用料は別という場合もある。

テーブルと椅子の有無

屋外用のテーブルと椅子が装備されているところもある。

室内でのんびり過ごしたい場合は、室内用のテーブルもあると便利

駐車スペースの有無

テント泊ほどではなくても、そこそこの荷物がある場合、バンガロー付近に駐車スペースがあるとラク

駐車スペースはなくても、荷物の上げ下ろしのための横付けはオッケー、というところもある。

駐車場が完全に離れている場合は、荷物の運搬のことを考えておく必要がある

まとめ

無理してテント泊をして、キャンプ後に体調を崩しでもしたら、とても残念。

状況に応じてバンガローを頼り、無理なく楽しいキャンプを

 

 

キャンプ
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス