【手抜き】面倒くさいキャンプが楽になる5つのポイント!

ファミリーキャンプが面倒くさい理由と対策
スポンサーリンク

家族で楽しめるファミリーキャンプだけど、面倒なことも多く、帰宅後はぐったり。

こんなことなら、家でゆっくりしてるんだった、なんてことにもなりかねない。

面倒くさいファミリーキャンプを、少しでも楽にするポイント。

キャンプが楽になる5つのポイント

キャンプ用品の準備と片付け

タープ

キャンプ用品の収納場所

自宅の収納場所が出し入れしにくい所だと、準備も片付けも面倒。

我が家では、キャンプ道具を出し入れしやすい場所に収納

出し入れはもちろん、持っている道具の確認や、手入れ後の収納するのも楽に。

また、キャンプ道具がいろいろな場所に収納してあると、何をどこに入れたか探すのが手間。

なるべく一箇所にまとめておくと、より楽。

キャンプ小物の収納方法

キャンプ小物は小さいものもあり、探しにくい。

種類ごとにジップロックで小分けにして、RVボックスなどにひとまとめ。

RVボックスごとキャンプに行き、帰宅後はそのまま収納できる。

キャンプ道具は、出し入れしやすい場所に収納


▼愛用中のRVボックス

キャンプ料理と食材管理

食材の量

料理にこだわり過ぎたり、足りなくなる不安から、多めに持って行きがちな食材。

食材の準備は最低限の量にして、足りないとき用にレトルトやカップ麺を備えておく。

食材の管理方法

料理をするときに、食材や調味料が一箇所にまとまっていないと、使用時に探すことになり面倒。

一箇所にまとめて管理しておけば、使うときも探さずに済むし荷物もまとまる。

食材は、必要最低限の量をまとめておく

【手抜き】キャンプが楽になる食材選びと保存方法!
真夏や連泊のファミリーキャンプで不安になるのが、食材の保存状態。 食材を持って行き過ぎないとい...

荷物運び(オートキャンプ以外)

駐車場からテントサイトまで距離がある場合、カートが便利

でも、ガタガタの悪路で、カートが使えない場合では、手持ち移動となる。

そんなときに、荷物がコンパクトにまとまっていれば楽。

まとめた荷物が重すぎると、一人で持ち運べないので注意。

荷物を、持ち運びできる重さでコンパクトにまとめておく

テントとタープの設営と撤収

大型のテントやタープの設営・撤収は、時間もかかり大変。

事前に、手順を予習をしておくと、現地での設営・撤収がスムーズ。

使用後は生地がふくらみ、撤収時にスタッフバッグに収めにくいことがあるので、コンプレッションベルト(スーツケースベルトみたいなもの)があると便利。

これからテントやタープを購入する場合は、暗がりや雨天でも素早く設営・撤収ができる、軽量コンパクトで簡単なテントやタープがおすすめ。

設営・撤収は、手順の予習や便利品を活用
【軽量化】歴代テント!軽量コンパクトなフック式が楽
ファミリーキャンプは楽しいけど、テントの設営や片付けは大変。 テントの設営や片付けが楽になれば...
【軽量化】歴代タープ!軽量コンパクトかつ大きいものが便利
ファミリーキャンプは楽しいけど、タープの設営や片付けは大変。 タープの設営や片付けが楽になれば...

サイトの撤収と帰宅後の片付け

 

サイトの撤収

サイト撤収時には、

  • バーベキューでギトギトの道具の後片付け
  • 消火した炭の処理
  • テントとタープの撤収と収納

など、朝からやることばかり。

キャンプ中に、少しづつのんびり片付け進めておくと後が楽。

帰宅後の片付け

キャンプの疲れが残る中、

  • 持ち帰ったゴミの仕分けと処理
  • 食器や洋服の大量の洗い物
  • 道具の手入れ

など、やることが山積みの帰宅後。

キャンプ中に、小物の手入れをしたり、洗い物やゴミの仕分けをしっかりしておくと後が楽。

帰宅日が晴天のときは、テント・タープ・寝袋を日干ししてから持ち帰ると帰宅後に楽。

片付けや手入れは、キャンプ中にできるだけやっておく

まとめ

事前の準備とこまめな片付けで、かなり楽になる。

楽に準備ができて、楽に片付けが済めば、ファミリーキャンプが気軽に楽しめる。

  • キャンプ道具は、出し入れしやすい場所に収納
  • 食材は、必要最低限の量をまとめておく
  • 荷物を、持ち運びできる重さでコンパクトにまとめておく
  • 設営・撤収は、手順の予習や便利品を活用
  • 片付けや手入れは、キャンプ中にできるだけやる