キャンプや自転車通勤で快適なレインウエアの選び方!メンズ・レディース・キッズのおすすめは?

アウトドアや自転車通勤の急な雨もこわくないレインウエア

最近は、一度雨が降ると、数日間降り続くことが多い。

雨が続くと、キャンプの予定や自転車通勤が憂鬱だけど、しっかりと雨が防げる使い勝手のよいレインウエアがあれば、気分も上がる。

キャンプや自転車通勤などに役立つレインウエアで、雨の日も快適に!!

【保存版】ファミリーキャンプが面倒くさい6つの理由!今すぐできる対策は?はこちら。

スポンサーリンク

メンズレインウエア

レインウエア

男性におすすめなのは、セパレートのレインウエアと防水スニーカー

我が家の男性陣は、バサバサするレインポンチョやレインブーツは動きづらい、とあまり好みでない。

ストレッチの効いたセパレートのレインウエアなら、着脱も楽で、ガツガツ動けきやすい。

足元は、見た目も軽快で動きやすい、防水スニーカーがおすすめ。

自転車に乗るときは、パンツの裾があがるので、丈が長めのものがおすすめ。

スポンサーリンク

レディースレインウエア

レディースにおすすめなのは、レインポンチョとレインブーツ(長靴)の組み合わせ。

ポンチョなら、急な雨でも子供を抱っこしたまま、サッと雨をよけられて便利。

ただし、ひざ丈のレインポンチョとだと、歩いたり自転車に乗ったりしたときに、ひざがでてしまいビショビショになるので要注意。

【チャリーポンポン(レインポンチョ)】ワールドパーティー

おすすめは、自転車のカゴを隠せる程、前の丈が長いワールドパーティーのチャリーポンポンのレインポンチョ。

おしゃれな柄が豊富で、選ぶのも楽しい。

歩いていても、自転車に乗っても、ひざがでないので快適。

自転車では、カゴに入れた荷物にポンチョをかぶせることができるので楽。

さらにポンチョがカゴまであることで、自転車を漕いでいても足が濡れにくいので、雨が弱いときは、普通のスニーカーでも大丈夫。

▼愛用中のポンチョ

【レインブーツ】日本野鳥の会

雨や風が強いときは、レインブーツがあると便利。

フェスでもおなじみの日本野鳥の会のレインブーツは、丈が長めの長靴で、蒸れにくく、程よいフィット感でカパカパしないので歩きやすい。

我が家の日本野鳥の会のレインブーツは、10年以上前に購入したものだけど、いまも現役で使えるほどのもちのよさ。

▼愛用中のレインブーツ

【撥水防水テープ使いキャップ】無印良品

自転車に乗るときは、レインウエアやレインポンチョのフードもかぶれて、見通しもよい、撥水キャップを併用するのがおすすめ。

自転車用の透明のサンバイザーだと、いかにも感が強すぎる。

ハットだと、レインウエアのフードとの兼ね合いが悪い。

無印良品のキャップは、パッと見普通のキャップなので、かぶりっぱなしでも違和感も無く便利。

しかもお値段、税込み1990円!!

おしゃれもバッチリ楽しみたいフェスでは、アウトドアブランドの撥水キャップや撥水ハットもおすすめ。

▼気になるキャップ

スポンサーリンク

キッズレインウエア

よく動く子供には、動きやすい上下セパレートになっているレインウエアと、水溜りにも入れる丈の長いレインブーツがおすすめ。

雨が長く降り続くと、家にこもることが多くなるが、子供は家に飽きてグズグズ。

そんな時、レインウエアとレインブーツ(長靴)があれば、ちょこっとお散歩も可能。

東京ではめったに降らない、突然の雪の日にも役立つ。

【キッズレイントレッカー】monbell(モンベル)

キッズのセパレートのレインウエアはなかなかコレというものが無い。

どこで買えるの?とママたちによく聞かれる、モンベルのキッズセパレートレインウエア、レイントレッカー。

レイントレッカーはシャカシャカせず、着心地もよし。

10年以上前に長男用に購入し、当時はキャンプや保育園の行き帰りで、頻繁に着用。

数年前に、年の離れた次男に使用しても、いまだにしっかりと雨がしのげる程、もちがよい。

モンベルのレイントレッカー Kid’s100-120 はこちら。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128642

▼愛用中のレインウエア

スポンサーリンク

まとめ

種類がたくさんあるレインウエアの中から、年齢やシーンに合ったレインウエアをみつけたい。

レインブーツやレインキャップも一緒に活用して、雨の日を快適に!!