【無印良品】キャンプでも活用中のウェットシートケース!最後まで片手で取り出せる

無印良品 キャンプで使えるウェットシートケース

常備しておけば、なにかと便利なウェットティッシュ。

キャンプに持って行けば、手や口を拭くのにはもちろん、キャンプ用品の手入れにも便利。

そんなウェットティッシュを使いやすくする、ウェットティッシュのケース。

いろいろ試してみた我が家が、最終的に愛用しているのは、無印良品のウェットシートケース!!

スポンサーリンク

【ウェットシートケース】無印良品

ウェットシートケース

手や口を拭くのに便利なウェットティッシュ。

キャンプに持って行けば、キャンプ中にキャンプ用品をサッと手入れするのにも便利

ただ、ウェットティッシュを使うたびに、取り出し口のシールを、剥がしたり貼ったりするのは面倒。

ウェットティッシュの袋に直接貼るフタや、ウェットティッシュ用のケースがいろいろ販売されているが、我が家が最終的に愛用しているのは、1枚目から最後の1枚までパッと片手で取り出せる、無印良品のウェットシートケース

仕様

  • 価格:税込490
  • 素材:ポリプロピレン(本体、蓋)、ABS樹脂(ABS樹脂)、シリコーンゴム(パッキン)
  • 重量:約240g
  • 外寸:約幅19X奥行12X高さ7cm

特徴

ウェットシートケース

メリット

  • 取り出しやすい
  • 大きいウェットティッシュにも対応
  • 乾燥しにくい
  • 長持ち
  • 黒かびが発生したことがない

フタに留め具などは無く、シンプルに手動で開けるタイプで使いやすい。

取り出し口も大きくて、取り出しやすい。

ウェットティッシュを使いたいタイミングは、片手がふさがっていることが多いが、ケースに程よい重さがあるので、1枚目から最後の1枚までパッと片手で取り出せる

ケースのサイズが大きいので、大きいお徳用サイズのウェットティッシュにも対応

フタが大きいつくりだからか、ウェットティッシュが乾燥しにくい

3年以上使用しているが、劣化なども全く無く、黒かびも発生したことがない

デメリット

  • ツメが無い

取り出し口にウェットティッシュをおさえるツメが無いので、ウェットティッシュによっては、数枚続いて出てきてしまうことがある。

ケース自体が大きいので、他のものと比較すると、持ち歩くには重くかさばる

 

▼愛用中のウェットシートケース

スポンサーリンク

その他のウェットティッシュのケース

ティッシュ

【ウェットティッシュに貼るフタ】

メリット

  • 軽くてコンパクト
  • 購入しやすい

ケースに入れず、ウェットティッシュのサイズのまま使用できるので、軽くてコンパクトなので、持ち歩くには便利

100均やドラッグストア、ホームセンターなど、どこでも手に入る

デメリット

  • 乾燥しやすい
  • 黒かびが発生したことがある

長時間使用していないと、乾燥しやすい

長期間使用し続けていたときに、フタを貼るシリコンの部分に、黒かびが発生していたことがある。

ある程度使用したら、買い替えが必須か。

【ウェットティッシュケース】セリア

メリット

  • 軽くてコンパクト

無印良品のウェットシートケースと比較すると、軽くてコンパクトなので、持ち歩くには便利

デメリット

  • 小さい
  • 軽い

サイズが小さいので、大きめのウェットティッシュだと、ギュウギュウになってしまい使用が難しい

また、ケース自体が軽いので、片手で取り出そうとすると、本体も持ち上がってしまうので、本体をおさえる必要がある。

軽さやコンパクトはメリットでもあるが、デメリットでもある。

スポンサーリンク

まとめ

家でもキャンプでも、便利なウェットティッシュ。

1枚目から最後の1枚までパッと片手で取り出せると、さらに便利に。

それができるのは、無印良品のウェットシートケースだけだった!!