ファミリーキャンプの手抜きアイデア!手間を減らすちょっとしたこと

楽々簡単術 ファミリーキャンプの手抜きアイデア

普段はあたりまえのようにやっていることも、ファミリーキャンプでは、手間になることもある。

面倒くさがりの私は、少しでも手間を減らし、手抜きがしたい。

そこで、改めてちょっとしたことにも注目し、見直してみた。

すぐに使える手抜きアイデアで、ファミリーキャンプを楽々簡単に!!

スポンサーリンク

食器

  • コンパクトになる食器を、必要な分だけ持っていく

たくさん食器を持っていくと、その分洗い物が増える

我が家の食器は、シェラカップを人数分の4つと大皿を2枚のみ。

フライパン料理は、そのままフライパンからシェラカップに取り分け。

バーベキューで焼いたものは、大皿に盛りシェラカップを取り皿に。

シェラカップは子供も持ちやすく便利だが、熱いものを入れると熱くなるので、要注意

コップ

コップは重ねてコンパクトになるプラスチックのものを使用。

最近、重ねてコンパクトになるバンブーのコップを【セリア】で発見。

プラスチックより見た目も感触もよさそうだけど、以前バンブーの皿を落として割ってしまったことがあるので、バンブー食器は次男がもう少し大きくなるまで待とうか検討中。

食事の時以外は、シェラカップをコップとして使用することもあり。

シェラカップをコップにすると、キャンプっぽさが増すのか、我が家の子供たちには好評。

スポンサーリンク

洗い物

  • 洗う前に汚れを落とす
  • 鉄のフライパンを使う

使用後の皿の汚れは、スクレーパー(ゴムベラ)で汚れをとりのぞいたり、布の端切れやティッシュで拭き取っておくと、洗うときに楽チン。

水場が遠いときは、洗わずに除菌ティッシュで仕上げることもあり。

フライパンは鉄のものを使うと、調理器具に気を使わず楽

鉄のフライパンだと、汚れがひどい場合は、金たわしでガシガシ洗えて楽だし、洗剤を使わずエコ

【フライパン】極ROOTSのレビュー!キャンプ料理も家庭料理もおしゃれにで紹介した、さびにくい鉄のフライパンは超おすすめ。

スポンサーリンク

  • 着替えやタオルを枕に

枕は無くても眠れるけど、あったら快適。

かといって、わざわざ枕を持っていくと、荷物が増える。

我が家では、スエット生地の大きめの巾着袋に着替えやタオルを入れ、それを枕として使用

中身を増やしたり減らしたりして高さの調整も可能。

帰宅後の片付けは、巾着袋を洗うだけで済み、収納の場所もとらない。

スポンサーリンク

ゴミ

  • ふた付でコンパクトになるゴミ箱をうまく使う

ゴミの持ち帰りがあり、車内にゴミを積む場合は、におい・液漏れ対策で、ふた付かつコンパクトになるゴミ箱が便利

我が家では、大きめのふた付の折りたたみゴミ箱内を、ゴミ袋と洗濯ばさみで仕分け

ゴミがコンパクトになるよう、缶やペットボトルは必ず潰す。

炭や薪を使用している時は、小さい紙ゴミなどは一緒に燃やす。

帰りは、ゴミ箱の中に入れたまま、各ゴミ袋を縛り、空気を抜いてふたを閉め、小さくして持ち帰る。

お気に入りのゴミ箱使用で、キャンプサイトも片付き、写真も映える

スポンサーリンク

まとめ

意外と手間がかかる、ちょっとしたこと。

便利な道具や代用品を活用し、手間を軽減。

ファミリーキャンプでは、手抜きをするのがおすすめ!!