【必見】ファミリーキャンプでやめてよかった3つのこと!のんびり過ごすコツ

のんびり過ごすファミリーキャンプでやめてよかった事

のんびりするために行ったファミリーキャンプなのに、気づけばやることだらけ。

出発準備や帰宅後の片付けのことも考えると、家で家事をやっているほうがまだラク。

そこで、ファミリーキャンプをはじめたころにやっていた、3つのことをやめてみた。

荷物もやることも少なくなり、忙しいファミリーキャンプが楽々簡単に!!

 

大きいテントをやめた

テントが大きいと、中でのんびりゴロゴロできてラク。

ところが、使用時は魅力的な大型テントは、設営・撤収や帰宅後の手入れが超大変

 

我が家の場合、もともとテント内でくつろぐという時間が無し。

テント内は眠れるスペースと少しの荷物スペースがあれば十分だったので、軽量コンパクトなテントに買い替え。

結果、設営・撤収や帰宅後の手入れが驚くほど簡単に

 

雨天時のキャンプのときは、コンパクトなテントをタープの中にするとラク

設営は、サッとタープを設営し、あとからのんびりタープの中でテントの設営ができる。

撤収のときは、少しづつのんびりテントを撤収し、最後にサッとタープを撤収できる。

雨具や防寒着はしっかり準備しておくのは忘れずに。

 

バーベキューをやめた

みんなが大好きなバーベキュー。

キャンプといえば当然バーベキューをやるものと思い込み、毎回バーベキュー。

でも、キャンプをやる度にバーベキューでなくてもよいと気づいた。

 

バーベキューをするのは、荷物が少ないデイキャンプやゆっくり連泊できるとき、などと限定するとラク。

回数が減ると、燃料の炭の買い足しもラク

フライパンで焼いたお肉を食べるだけでも、十分おいしい。

 

キャンプ料理をやめた

せっかくのキャンプだから、じっくり煮込み料理。

野菜もしっかり食べないといけないから、材料もいっぱい持って。

など考え、キャンプ料理に気合を入れすぎていた。

ふと、手抜きごはんにしてみたところ、充分おいしく楽しかった

 

パンを焼いて、コンビニやスーパーで買った、カット野菜やゆで卵やハムをはさんで食べる。

おにぎりを持って行って、フライパンで焼いたお肉を食べる。

そばやうどんをゆでて食べる。

たまにはカップラーメンやレトルトもおすすめ。

いつも自宅で食べているものを、キャンプで食べるだけで、気分が上がり違った味に。

キャンプでラクして食事を楽しむ方法は無限大だった。

 

まとめ

気づけば、自分で自分の首を絞めていた面倒なルール

新たなゆるーいルールで、気軽にファミリーキャンプを。

 

キャンプ
スポンサーリンク
deligthsboxをフォロー
デライツボックス